ジャイアントストア広島安佐南

»トップへ

ガチ試乗!~TCR SLR2~2017年3月3日


行ってきました、ガチ試乗!
場所はもちろん安佐南のアルプス(しつこい(笑)
毘沙門台ヒルクライム!

CONTEND SLで上ったコースと全く同じコースです。
TCR SLR2、『進むギヤ』に入ると
本当に気持ちよく速いペースを保ってくれます!

前回は3回止まりましたが…今回は休憩なし。
同じ山なのに全く物足りません!

話は逸れるのですが、ロードバイクが速い人は
どんな自転車に乗ってもある程度速いです。
速い人は体力があるのはもちろんですが、
「自転車の効率的な進ませ方」が分かっているように思います。
体重のかけ方、タイミング、重すぎず軽すぎないギヤ選択…
それは実際にロードバイクに乗って、
常に「頑張り具合の割に進む走らせ方」を
意識しながら練習しないと身に付きません。

しかし残念ながら、「入門バイク」とされるグレードの
ロードバイクは反応性が鈍いものが多く、
センスがとても良い人を除いて
「自転車の効率的な進ませ方」がちょっとわかりにくいのです。

話をTCR SLRに戻します!
上記の点においてTCR SLR2は反応がとてもよく、
進むギヤの選択が非常に明快!
これほどの反応性を備えたロードバイクの中では
最もお求めやすい価格であることは間違いなさそうです。

入門用ロードバイクとされる価格帯よりは少々お値段高めですが(160,000税抜)、
ちょっと背伸びしてTCR SLR2を手に入れ
トップグレードと同等の2×11段変速を持つ
「シマノ105」コンポーネントを駆使して
TCR SLR2を気持ちよく走らせられるころには…
相当なロードバイク技術が身についていることと思います!

アルミフレームということで乗り心地を気になさる方も
いらっしゃることと思いますが、私が普段乗っているカーボンバイク
(タイヤ太さ23ⅽ)とほぼ同等に感じました。
TCR SLR2は25ⅽの太さのタイヤが付いていますね。

少ない力でより速く走りたい!
そんな技術を身に着けたい方には、
最強の入門ロードバイクになってくれそうです!
こちらのTCR SLR2、展示車、試乗車ともに
ご準備いたしております。お気軽にご来店くださいませ。

佐々木