ジャイアントストア今治

  • ジャイアントストア今治
  • ジャイアントストア今治
  • ジャイアントストア今治
  • ジャイアントストア今治
  • ジャイアントストア今治

EVENT / CAMPAIGN イベントキャンペーン情報

開催期間:2021年10月12日〜2022年10月12日

【レンタサイクル】Eバイクはいいぞ。

レンタサイクルに乗って、しまなみ海道でサイクリングしよう! でもでも。 「普段、自転車にはほとんど乗らないんだよ~」 「ス...

STORE NEWS ストアニュース

2022/10/05

【お知らせ】出展のお知らせー10月29日(土)今治クリテリウム

10月29日(土曜日) 今治クリテリウムが開催されます!   サイクリングしまなみの前日、10月29日に今治港みなと交流センター「はーばりー」にてロードレースのクリテリウムが開催されます! ロードレースといっても種類は様々あり、今回開催される「クリテリウム」は短い距離のコースを数周回し、1番を決めるレースです。数あるレースの中でも、目の前を何回も選手が走り抜け周回ごとにレース展開が変わるので見ている側も飽きず、迫力まんてーーーーん! 滅多にない機会ですので、是非!!ぜひ!!!レース観戦しにはーばりーへお越しください(^^)/ イベント内容はコチラをチェック → 【  今治クリテリウム  】   今回の今治クリテリウム、レースだけでなくキッチンカーやイベント開催で大人から子供まで楽しめるイベントとなっており、当店も出展いたします(^^)/ ジャイアントストア今治では、E-BIKE、キッズバイクの試乗車をご準備! キッズバイクは、身長にあわせた車体選びがメインですが、実際に乗れるのかな?と見守る側は不安ですよね。 滅多に試し乗りする機会がないキッズバイク、実際に乗っていただくチャンスです。 冬のプレゼント選びの事前調査も兼ねてお越しくださいませ♪ E-BIKEにご興味があるお客様も気軽に体験頂けるチャンスですよ! 【 キッズバイク試乗車 】 ARX24 ( 適応身長:130㎝ - 145㎝  )     ARX20 (  適応身長:115cm  - 135cm )   ANIMATOR16 (  適応身長: 95cm  -  身長 120cm  )   【 E-BIKE 試乗車  】 ESCAPE R E+  (  Sサイズ/適応身長:160cm-180cm  )   プチ知識や観戦のポイントなどが紹介されています。より観戦が楽しめるので事前にチェックしてみてください 【JBCF 全日本実業団自転車競技連盟】様のHP https://jbcfroad.jp/beginners/spectate/   当日会場でお待ちしております(^^)/     ジャイアントストア今治

2022/10/03

【CADEX】AERO RACE TIRE 入荷しました

こんにちは。今治店です。 CADEXから新登場のロード用チューブレスタイヤ CADEX AERO RACE が入荷致しました。 こちらと同時に発表されたホイールセット、 CADEX 50 ULTRAやSLR 50を含めて、 ワイド&フックレスリムに最適化しております。 従来規格のタイヤでは発揮しきれなかった、 ワイドリムホイールの恩恵も、 最大に引き出すのがこのタイヤです。 チューブレスタイヤの特性を発揮する為に、 指定空気圧は4.8~7.9BARと幅広くなりました。 (従来のCADEX RACEタイヤは5.9~8.6BAR) 低圧側への空気圧調整幅が増したことで、 体重の軽いサイクリストでも、 チューブレスタイヤの恩恵を受けやすくなります。 トレッドに新形状を採用したほか、 コンパウンドもアップデートされています。 CADEX RACEタイヤのRR-Sコンパウンドに比較して、 新しいRR-Aコンパウンドは転がり効率が15%向上。 耐パンク性能を高める軽量レイヤーを配置して、 走行中のパンクトラブルを軽減します。 製品カタログ表記では270gのところ、 実測値は267g CADEXシリーズを含めて、様々なタイヤを手に取り、 使用して参りましたが、このAERO RACEタイヤ。 かなり「走れるタイヤ」に分類される感触です。 CADEXのホイールセットをはじめ、 内幅19mm以上のワイドリムや、 フックレスリム採用ホイールを使用中の方に。 ぜひ一度、使用して頂きたい製品です。   ジャイアントストア今治 ―ジャイアントストア今治ではFacebookやInstagramでも情報を発信しています― 普段ブログではお伝えしきれない、日常の店舗風景や、 スタッフのRIDE LIFEなどもUPしていますので、ぜひご覧下さい♪  

2022/09/30

【スタッフの休日】ミニベロと渓流釣り

涼しくなって出勤前の朝活ライドも快適になってきました。 こんにちは。今治店スタッフの川村です。 さて、突然ですが皆様。魚はお好きでしょうか? 私は食べるのはもちろん、鑑賞と釣るのも好きです。 まだわたしが中学生の頃。 休日は隣町までペダルをこいで釣りに出かけておりました。 (海なし県出身なので池や湖、川など淡水の釣りが中心でした) そうして釣行のたびにペダルをこいだ経験が、 後にサイクリングをはじめるきっかけとなりました。 それから時は流れまして。 以前よりもサイクリングの比率が多くなりましたが、 ときどき釣りに出かけております。 今回は通勤からサイクリングまで活躍するミニベロ TENに乗って渓流釣りへ行ってまいりました。 場所はこちら。 石鎚山系を水源とする面河川。 こちらの面河川。 高知県を流れる仁淀川の上流でもあります。 【スタッフのサイクリング】でも、 何度か登場していますね。 今回は久万高原町までクルマで移動、 ポイントへの移動はTENに乗ることと致します。 このミニベロTENに限らず。 ロードバイクやクロスバイクでも、 車輪を外せば大体のコンパクトカーや、 軽自動車にも積載は可能です。 過去には2ドア2シートの軽自動車に、 ロードバイクを収納した猛者を拝見いたしました。 釣行の前に腹ごしらえを。 面河渓の手前にあるお店 『リナシェンテ.rinascente』さんでピザをいただきました。 めっちゃうまい‼ 今度はロングライドで食べに来たいですね! さて、食事を終えて釣りの準備を…おや、 おやおやおや? なんだか、ポツポツと降ってきましたよ? やはり、山の天気は変わりやすいですね。 これはいけませんね。 雨が本降りになる前に、ポイントへ向かいます。 念のため、数キロ上流部の様子を確認後、 川の様子には十分に気を付けながら、 足場のよい場所で短時間の釣りとなります。 そうそう。今回の面河川はもちろん。 漁協組合のある河川で釣りをする際は、 遊魚鑑札を購入する必要があります。 なお、日曜日や祝日、早朝に訪れる場合、 取扱い店が閉まっていることも多いです。 また、釣りができる期間も決まっております。 面河川の場合、あまごが対象の釣りは2/1から9/30まで。 私、面河川への釣行はこの日が2回目。 前回はなんとこちら。 渓流魚としては珍しい35cm いわゆる尺越えのあまごを釣りあげました。 この日、地元の方に伺ったところ。 「昨年、漁協組合で放流した大型のやつかな?」 ということでした。これに味を占めた私。 当然、今回も期待が膨らみます。 餌の代わりに使うのはこちら。 小魚を模したミノーというルアーです。 このほかにもスプーンというルアーなど、 魚の反応を見ながら形や色を使い分けていきます。 このスプーンというルアー。 池でカレーを食べていた人がスプーンを落とし、 それに魚が食い付いたことから生まれたとか.....。 渓流の水は透明度が非常に高く、 魚の反応があればルアーを追ってくる様子が見えます。 私、山岳ルートのサイクリングが好きな事もあり、 この渓流の雰囲気にはすごく癒されます。 マイナスイオンと川の音に包まれながら、 黙々とキャストを繰り返します。 「江の島どん‼」 とあるアニメを見てから、 キャストの時は心の中で呟いてます。 基本は上流へキャストします。 おもに流れが反転する場所や、 深みの周辺などを狙います。 キャスティングのあとは、 ロッドを小刻みに動かしつつリールを巻きます。 これはトゥイッチングという操作で、 ルアーに躍動感を与える技法です。 すると…。 20cmほどのあまごがヒット。 前回の尺越えあまごと比べますと、 なんとも可愛いサイズですね。 尺越えあまごは歯も鋭くて、 サーモンみたいな顔をしていましたから。 それでも釣れてくれてありがとう。 今回はリリースすることにいたします。 今度はデカくなってきておくれ。 ここで雨脚が強くなってきた為、納竿と致しました。   釣果の方はぼちぼちでしたが、 癒しのひと時を満喫致しました。 それではまた次回のサイクリングもしくは釣行で!   ―ジャイアントストア今治ではFacebookやInstagramでも情報を発信しています― 普段ブログではお伝えしきれない、日常の店舗風景や、 スタッフのRIDE LIFEなどもUPしていますので、ぜひご覧下さい♪  

2022/09/21

『サイクリングしまなみ』へ向けて!揃えたいアイテム

『サイクリングしまなみ2022』へ向けた準備ブログ、今回は 揃えたいアイテム編です。 第1回→オススメ自転車(コース別)https://giant-store.jp/imabari/bike/22461/ 第2回→スポーツ自転車に慣れよう https://giant-store.jp/imabari/bike/22578/ 必要最低限の物しか付属していない事が多いスポーツタイプの自転車。 シティサイクルには当たり前に付いている『ライト』『カギ』『キックスタンド』『カゴ』は無く、モデルによってはペダルすら付いていない事も。 それら、初めて買う際に揃えたい基本アイテムの他に、イベントへ向けてぜひ揃えたいアイテムをご紹介致します! 最初に揃えたいアイテム一覧がこちらです。 □ヘルメット □前照灯 □尾灯 □空気入れ □カギ □スタンド イベントまでに揃えたいアイテム一覧がこちらです。 □ボトルケージ □サイクルボトル □サイクリングウェア □グローブ □サイクルコンピューター □携帯ポンプ □チューブ □タイヤレバー 『最初に揃えたいアイテムの解説』 ・前照灯、尾灯 夜間走行の予定が無いという事で前照灯、特に尾灯を付けない方も多いですが、日中でも点灯させる事で格段に車からの視認性が上がりますので、前後とも装着をオススメします。 ちなみに、『サイクリングしまなみ2022』の大会規約によると、必須装備品として『前照灯』『尾灯、又は反射板 ※トンネル内を走行するため尾灯の装着が望ましい。』とあります。 また、イベント時に意外と落とし穴になるのが、イベント前に会場へ向かう時です。 普段使わないがために、あまり明るくない前照灯にしていると、当日暗くて前が見えないなんて事も、、、っ! ・カギ 『自転車イベント会場で盗難事件発生』一時、かなり話題になりました。 イベント中であってもカギはしっかり掛けましょう。 ・空気入れ サイクリングへ出掛ける前に空気圧のチェック。 パンクを防ぐ一番の方法です。 ・ヘルメット 大会規約にも必須と書いてあるとおり、必須です! 落車したけれど、ヘルメットがあったお陰で助かった方は当店でも数え切れないほどいらっしゃいます。 大事です!!! ・キックスタンド 実はあると便利なのがキックスタンドです。 イベント会場には下写真のようなサイクルラックが準備されている事がほとんどですが、数が足らないなどして置き場所に困る事も多々あります。 キックスタンドが装着出来る車体であれば、検討されてみてはいかがでしょうか。 『イベントまでに揃えたいアイテムの解説』   ・ボトルケージ、サイクルボトル 信号待ちなどで、すぐに飲みやすいサイクルボトルがペットボトルよりもオススメです。 ・サイクリングウェア 風を巻き込んでバタバタ、いつまでも乾かない不快な服、生地が抵抗になってペダルをこぎにくいetc... 短距離であればさほど気にならない普段着でのサイクリングも、30km以上ともなるとサイクリングウェアでのサイクリングと比べ疲労度が段違いに変わります。 これを機に揃えてみてはいかがでしょうか。 その他、ぜひ用意したいのが「ウィンドブレーカー」です。 10月下旬の早朝ともなるとかなり冷えます。出発前の待ち時間で身体が冷え切ってしまう事もありますので、体温調節をしやすいウィンドブレーカーは必須です! ・グローブ 乗車時の手への負担軽減の他、転倒時の手の保護に! 『サイクリングしまなみ』でも着用を推奨されております。 ・サイクルコンピューター 第1回目でご紹介したような完走するためのスピードの目安やゴールまでの残りの距離などを知る為に、あると便利です。 ・携帯ポンプ、チューブ、タイヤレバー パンク修理に使用するセットです。サイクリングで遠出をされるようになれば、ぜひ身に付けたいのがパンク修理です。出来るという自信が付けば、より気軽にサイクリングへお出かけ出来るようになりますよ♪ ちなみに、サイクリングしまなみの大会規約にも『原則として、パンク修理等は参加者自身で行うものとし、パンク等のトラブルに対処できる工具、ポンプ、予備チューブを携行すること。』とあるため、大会までに一通り出来るように繰り返し練習しましょう! 以上が大会へ向けて揃えたいアイテムです。 今回は一般的なアイテムのご紹介でしたが、次回はスタッフが大会に参加するなら何を持って行くか、着ていくか、あるいは、持って行かないかをご紹介します! ジャイアントストア今治 ―ジャイアントストア今治ではFacebookやInstagramでも情報を発信しています― 普段ブログではお伝えしきれない、日常の店舗風景や、 スタッフのRIDE LIFEなどもUPしていますので、ぜひご覧下さい♪  

2022/09/20

【お知らせ】店舗休業のお知らせ (11月21日~24日)

日頃よりジャイアントストア今治をご愛顧賜り、誠にありがとうございます。 誠に勝手ながら下記の日程を店舗休業とさせていただきます。 大変ご迷惑をおかけ致しますが何卒ご了承頂きますようお願い申し上げます。 11月21日(月曜日)~11月24日(木曜日)  店舗休業 ※この期間中はレンタルサイクルも休業しております。 尾道店出発の今治乗捨て返却も出来ませんのでご注意ください。 11月25日(金曜日)から通常営業いたします。 皆様のご来店をお待ちしております。 スタッフ一同

2022/09/18

【お知らせ】出展のお知らせー11月5日しまキャン

11月5日にもしまなみ海道・大三島でしまキャンが開催されます!    イベント名:しまなみ海道 しまキャン          日時:11月5日(土曜日)          場所:上浦 多々羅キャンプ場(大三島)   愛媛県今治市上浦町井口7523   ↓ 詳しくはHP・SNSをご確認ください ↓                  ツーリングキャンプDAYとなっている2日間ですが、 5日土曜日には、アクティビティやブース展示、飲食ブースもあり、キャンプしない方もご来場できます。 当店もE-BIKEの試乗、キャンプに合わせてバイクパッキングアイテムの展示を致します!                           通常、当店には展示・在庫していないバック・キャリアなど展示いたしますので、 手にとってサイズ感など確認できるチャンスです♪♪ 【  展示商品  】 〇H2PRO HANDLE BAR BAG M size 〇H2PRO TOP TUBE BAG 〇H2PRO POUCH BAG 〇H2PRO FRAME BAG 〇H2PRO SADDLE BAG L size 〇PANNIER BAG SMALL SIZE WITH MIK SYSTEM (E-BIKEへ取付) 〇RACK-IT METRO REAR RACK -MIK SYSTEM (E-BIKEへ取付)         気になっているアイテムがございましたら、是非お立ち寄くださいませ! しまなみ海道をサイクリングされる際にもご来場ください(^^)/   しまキャンのイベントに合わせて、デジタルスタンプラリー・しまキャンラリーも開催されています。 ライダーの方だけでなく、サイクリストの方も参加OK ❣ プレゼントもあるそうですよ! (開催期間:2022年9月10日(土)~11月30日(水)) 詳しくはコチラをクリック  →  【  しまキャンRALLY🚩🚩  】   会場でお待ちしております(^^)/ ジャイアントストア今治    

2022/09/17

【ロードバイク】2023モデル TCR ADVANCED PRO 1 DISC

こんにちは。今治店です。 発表されたばかりの2023年モデルより、 注目の1台が今治店に入荷致しました。 TCR ADVACED PRO 1 DISC color:エイジドデニム size:Sサイズ こちらのモデル。 注目はなんといっても搭載されるコンポーネント。 かなり前から「するの?しないの?」と噂もされてきた、 シマノ105コンポーネントの電動変速化。 このR7100シリーズで遂にDi2コンポーネントへ進化。 今作よりリアの変速段数が12速となり、 かなり大きなローギア34Tスプロケットを採用しつつも、 従来の10速や11速と比較してクロスレシオ化を実現。 走りの軽快さに大きく影響する足回りには、 SLR 1 36ホイールセットを標準装備しております。 平坦から山岳コースまでカバーするTCRの特徴と相まって、 1台で幅広く楽しめるモデルです。 ロードバイクの新時代が詰まったTCR ADVANCED PRO 1 DISC ぜひ、店頭にてご覧いただけますと幸いです。   ―ジャイアント/リブストア今治ではFacebookやInstagramでも情報を発信しています― 普段ブログではお伝えしきれない、日常の店舗風景や、 スタッフのRIDE LIFEなどもUPしていますので、ぜひご覧下さい♪  

2022/09/15

【スタッフのカスタマイズ】意外と奥が深いカセットスプロケット

こんにちは。今治店です。 さて、後ろのギアに使われているこちらの部品。 『カセットスプロケット』 皆様のバイクにはどの様なものをお使いでしょうか。 こちらをお読み頂いている方の中には、 「車体購入時に付いてきたそのままだよ」 という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 そんな方にぜひお試し頂きたい、 今回はカセットスプロケットのカスタムをご紹介します。   まず、このカセットスプロケットについて、 少しだけおさらいを致します。 チェーンが掛かっているギアにご注目。 ◇小さいギア(トップギア) 「こぎの重いギア」とも呼ばれておりまして、 クランク1回転に対してホイールが沢山回転します。 非常に車速が伸びるギアの為、 加速後の平坦路や下り坂で使用します。 ◇大きいギア(ローギア) 「こぎの軽いギア」とも呼ばれておりまして、 クランク1回転に対してホイールはゆっくり回転します。 あまり車速は伸びない分、少ない力でゆっくり進む為、 おもにきつい登り坂などで使用します。 ローギアとトップギアの間には、 大きさの異なるギアが数枚配置されており、 それぞれにチェーンを移動させることで、 道路の勾配変化や風向きなど、様々な状況に対応します。 今回、ポイントになるのがここです👆   近年、弊社で展開する完成車の多くには、 登り坂でのこぎの軽さを重視するギアが装備されています。 これはご購入の車体が初めてのスポーツバイクであったり、 サイクリングをこれからはじめるという場合に、 とても安心できる要素にもなります。 でも、ある程度の体力と走力が身につき、 サイクリングのルートも定番化してくると、 標準装備のスプロケットではイマイチに感じる場面も。 それは「ギアの繋がり具合」です。   今回、参考にするのはこちらのモデル。 TCR ADVANCED 2 KOM このバイクに標準装備されるカセットスプロケット SHIMANO 105 の11S 11-34T 製品名はCS-HG700です。 なお、「11S」は11段変速、 「11-34T」はカセットスプロケットの大きさです。 11はトップギア、34がローギアの大きさを示します。 数字自体は1枚あたりの歯数(Teeth)を示します。 こちらのスプロケット。 トップギアからローギアまで歯数を順番に並べますと、 【11-13-15-17-19-21-23-25-27-30-34】 といった具合の構成になっております。 それぞれ、隣のギアと2~4つほど歯数差があります。 隣との歯数差が大きいほど1段変速後のこぎの重さ、 こぎの軽さの変化量も大きくなります。 このギアの歯数差。 最初はそれほど気にならないのですが、 ある程度ロードバイクに慣れてくると、 若干、不満を感じる瞬間も増えてきます。 僅かな勾配変化や速度変化に対して、 変速を積極的に行える技量が身についてくると、 「もう少し丁度いいギアがほしいな」 というような欲が出てきます。 また、こちらのTCR ADVANCED 2 KOM フロントチェーンリングも「こぎの軽い」歯数を採用。 50はアウターチェーンリング(外側)の歯数 34はインナーチェーンリング(内側)の歯数 そちらの影響もありまして、 「カセットスプロケットの30や34Tを使うことは殆どない」 という方が多かったりもします。 たとえば、前のギアを34T、後ろのギアを34T この1:1のギア比を登り坂で使用した場合。 徒歩と同じ速度で激坂を進むイメージです。 こうなると、真っすぐ走ることが難しい…。 おそらく。 20年以上前からロードバイクに乗っている方には、 驚きのギア比だと思います。   【ここでちょっと豆知識】 かつてのロードバイクには、 現代の様な軽いギアの設定はありませんでした。 たとえばサイクリストなら一度は憧れる、 シマノ社の最上級コンポーネント。 「DURA-ACE」 90年代の頃はなんと、 リアの変速段数は9速だったんですよ。 なお、シマノ公式ページでは、 その歴史が紹介されています。 ☛製品の歴史‐DURA-ACE (いろいろな製品の歴史が観れて面白いです) この当時。 一番軽いギアでもフロントは39T以上、 リアは23T程度が当たり前という時代でした。 ちなみにこの9速という段数。 現在でいえばシマノSORAと同じです。 なお、現在のデュラエース(Di2)は12速。 時代の流れと共に、技術は進歩しております。   ちょっと話が逸れてしまいましたが、 「そんな軽いギアほとんど使わないよ」 という方に。 カセットスプロケットを交換がお薦めですよ。 SHIMANO 105の11速用スプロケットの場合。 全5種類の歯数構成が展開されています。 たとえば、TCR ADVANCED 2 KOMにお乗り頂いている場合。 「ロー側の30や34Tを使う場面が無い」 という方でしたら部品名CS-R7000の中から、 11‐28Tのカセットスプロケット。 【11-12-13-14-15-17-19-21-23-25-28】 という歯数構成に交換してみるのがお薦めですよ。 標準装備のカセットスプロケットと比べてみると、 【11-13-15-17-19-21-23-25-27-30-34】 【11-12-13-14-15-17-19-21-23-25-28】 全体的に隣同士の歯数が近くなっていますね。 28Tだとちょっと登りが不安… という方には、11-30Tがお薦めです。 こちらは、 【11-12-13-14-15-17-19-21-24-27-30】 という歯数構成になります。 このように、 ギアの繋がり具合を考慮したカスタマイズを、 「クロスレシオ化」と言います。 この写真、右は11-34T,右は11-23Tです。 どちらも11速カセットスプロケットです。 クロスレシオ化を致しますと、 細かな変速操作でペダルのこぎを調整しやすくなります。 「交換前よりも速くなった!」 と、感じるほどではございませんが、 変速操作を積極的に行う場合、非常に効果的です。 あと、スプロケットは小さくなるほど、 軽量化にもなります。 参考までにシマノのカタログ値をご紹介。 CS-R7000の11-28Tで284g CS-HG700の11-34Tで379g 実際に持ち比べてみると、中々の違いです。 なお、カセットスプロケットの歯数を大きく変更しますと、 チェーンの長さを調整したり、 リアディレイラーの仕様変更が必要になる場合もあります。 今回ご紹介したTCR ADVANCDED 2 KOMの場合。 11-28Tへの変更でしたらチェーンの長さ調整と、 標準装備のリアディレイラーを調整するだけでOK このほか11-25Tや11-23Tなど、 より小さいスプロケットに変更する場合は、 リアディレイラーの変更も必要になります。 使用する変速段数やコンポーネントにより、 カセットスプロケットの選択肢も異なります。 今回のようなカスタマイズ。 お乗りの車体でご不明な点などがございましたら、 定期点検の際などに、スタッフまでお尋ねくださいませ。     ジャイアントストア今治 ―ジャイアント/リブストア今治ではFacebookやInstagramでも情報を発信しています― 普段ブログではお伝えしきれない、日常の店舗風景や、 スタッフのRIDE LIFEなどもUPしていますので、ぜひご覧下さい♪

2022/09/07

【お知らせ】憧れのバイクやホイールをその手に。

こんにちは。今治店です。 自転車やホイールのご購入を検討されているお客様にお知らせです。 9月1日~12月末まで、ジャックス分割払いのキャンペーン実施中です。 購入総額20万円以上の場合、分割払い最大24回まで金利・手数料無し、 完成車はもちろん、ホイールなどコンポーネントのみ購入にもご対応致します。 また、購入総額額20万未満の場合も12回払いまで金利・手数料無しです。 月々のお支払いの負担を少なくご利用いただけるこの機会に、 ぜひご利用下さい。   【完成車ご購入のお支払い例】 購入車体:MY23モデル PROPEL ADVANCED 2 ¥418,000 ご購入の場合 支払い回数:24回 初回支払額:¥17,800 2回目以降支払額:¥17,400 金利・手数料無し。 Jガード(1年間の盗難・修理補償)付き。 ※上限50万。1万円の免責有り   【パーツご購入のお支払い例】 ご購入ホイール:CADEX 50 ULTRA DISC TUBELESS ¥385,000 支払い回数:24回 初回支払額:¥17,000 2回目以降支払額:¥16,000 金利・手数料無し。 Jガード(1年間の盗難・修理補償)付き。 ※上限50万。1万円の免責有り     このほか、ご購入検討中の商品がございましたら、 事前のお支払いシュミレーションなど、 店頭にてお気軽にご相談ください。 皆様のご来店をお待ちしております。   ―ジャイアント/リブストア今治ではFacebookやInstagramでも情報を発信しています― 普段ブログではお伝えしきれない、日常の店舗風景や、 スタッフのRIDE LIFEなどもUPしていますので、ぜひご覧下さい♪  

2022/09/02

【スタッフのサイクリング】しまなみ海道のその先へ。

最近、スーファミを購入致しました。 こんにちは。今治店スタッフの川村です。 エアコンが効いた部屋でゲームをしておりますと、 なんだか、小学生の頃の夏休みを思い出します。 夏休みといえばそう、『宿題』ですね。 ちょうどこの日は8月31日 まだ終わっていない宿題に気が付いて、 「やばい…」となった小学生もいたはず。 わたしもこの夏の宿題を終わらせるべく、 先週に続いてロングライドに出かけて参りました。 私の中でこの夏の宿題となっていたルート。 『トリプル海道』 (グーグルマップより) 最近、私が勝手にそう呼んでいるこのルート。   ◇愛媛県の今治と広島県の尾道を結ぶ 『しまなみ海道』   ◇広島県の尾道から呉を結ぶ 『さざなみ海道』   ◇広島県の呉から愛媛県の岡村島を結ぶ 『とびしま海道』 この3つの海道をぐるっと周る、 走行距離180kmぐらいのルートになります。 この夏、どこかのタイミングで走ろうと思いつつ、 地図を見ながらイメージを膨らませておりました。 行くなら今日しかないでしょ! ということで、朝8時半にスタート。 まずは尾道を目指して、しまなみ海道を走ります。 なお、この日の予定ルート終盤。 とびしま海道の岡村島から今治までフェリーに乗船します。 このフェリー、岡村港から今治港行の最終便出発は16:15 これに乗り遅れると.... 翌朝まで今治港行のフェリーがありません! つまり、もし乗り遅れてしまいますと、 折り返して180km走って戻るか、 宿が見つからなければ野宿が確定致します。 翌日は出勤なのでこれは何としても避けたい! 一応、18:05出発の大三島宗方港行きもありますが。 岡村港まで180㎞走ってきた後に、 大三島南外周を経由して帰るのは過酷すぎる。 さてさて。 無事に日帰りで走破することは出来るのか? 走ったことのない区間もありますが、 まあ、なんとかなるでしょう! 先週は往復した『しまなみ海道』 前回に比べて風は弱いものの、蒸し暑さは先週よりハード。 踏み過ぎてオーバーヒートしないように、 ペースコントロールをしながら進みます。 それにしてもいい天気ですね~。 生口橋の入口はこちらですよ。 生口橋を渡り因島へ上陸。 ここで、 前回ご紹介していなかった絶景&激坂をご紹介。 因島のメインルート途中にある「白滝山」の入口。 白滝山頂上には五百羅漢像が並び、 眼下に因島大橋を眺める絶景&激坂ポイントです。 ぜひチャレンジしてみて下さいね。 向島に上陸、因島大橋を下から観察。 とても綺麗なトラス構造ですね。 この日はサイクリングをされる方も少なめ。 向島の港へ向かう途中、 レンタサイクルに乗った方に追いつきました。 「ガチャガチャガチャ…」 変速操作にかなり戸惑っている様子。 ギア操作、初めてだと難しいですよね。 「左手の親指の位置にあるレバーを押して下さい」 「今度は右手の親指のレバーを押してみて下さい」 僭越ながら、アドバイスさせて頂きました。 そんなこんなで向島の渡船乗り場に到着。 ちょうど尾道港に向けて出発したところでした。 この渡船は約10分間隔で往復しているので、 ゆっくり、ストレッチをしながら待ちます。 しばらくして戻ってきた渡船に乗船。 料金は¥110です。 そうそう。 この尾道水道の渡船には、もう一つ航路がありまして、 そちらは自動車も積載できる船になっております。 こちらの航路は尾道駅よりも少し東側に到着しますよ。 今回乗船した渡船は尾道駅の正面に着きます。 ここまでだいたい2時間半。 「ウオーミングアップはこれぐらいにして、 そろそろ本番と行こうじゃないか」 ここから呉市までの区間が『さざなみ海道』 「呉まで75km」 まずは国道2号線で三原市へ。 この路線、長ーい貨物列車をよく見かけます。 三原市から先は海沿いの国道185号線へ。 ちなみにこの日。 しまなみ海道までとはうって変わりまして、 尾道からはずーーっと向かい風。 そして、日差しも強く蒸し暑い。 途中のコンビニに立ち寄り、 ドリンク補充と冷却用の氷を購入して、 身体のオーバーヒートを抑制します。 三原市の「竜王みはらしライン」 過去にはローカルなヒルクライムレースも開催されて、 当店のスタッフ南も参加しておりました。 【スタッフレポート】ヒルクライムレースに初挑戦してきました! 総延長は短いですが、 かなり登りごたえのあるルートですよ。 あ、もちろん今日は登りません。 海岸沿いから少し離れて、 小さい登りを越えるところで竹原市に入りました。 ここから先、サイクリングでは未体験の区間に入ります。 竹原市に入ってすぐの場所のあるこちらの港。 忠海港からは大久野島を経由して大三島の盛港へ、 フェリーが運航しております。 大三島側の港とは違い「うさぎ推し」が強い! なぜ、うさぎ推しなのか? 宜しければ、以前訪れた際の様子もご覧ください。 【スタッフのサイクリング】うさぎの島でポタリング ちなみに、このトリプル海道ルート。 途中でショートカットする方法もいくつかございまして、 この忠海港から大三島に渡るフェリーのほか、 三原市の須波港から生口島に渡るフェリー、 安芸津港から大崎上島に渡り、 大崎上島から大三島の宗方港に渡るフェリーなど。 いくつかバリエーションがございます。 並行しているJRで輪行という手もありますね。 当然、今日の私はショートカットは致しません! アスファルトが割れている箇所も多く、 これまたバンピーで跳ねまくる。 じりじりと脚の余力は削られていきます。 そろそろソフトクリーム休憩を入れたいなぁ~、 と思っていたところで、竹原の道の駅を発見。 「キャンベルぶどうソフト」が推しの様でしたので、 迷わず注文致しました。 コーンの先までぎっしりソフトクリームが詰まって、 非常に食べ応えがあるソフトクリームでした。 竹原の古い町並み散策も魅力的でしたが、 あまり時間の余裕はない為、また次の機会に。 『さざなみ海道』の名前から、 ずっと海沿いを走るイメージがありましたが、 竹原から呉までの区間は大半が内陸寄りを走ります。 当然、ペースが上がらない坂道も増えます。 いや、さざなみ海道とはいったい? 再び海沿いに戻ってきた所で橋が見えてきました。 「やったー!とびしま海道の入口だ!」 という勘違いしてはいけません。 これは別の島に渡る橋です。 もう少し先に進みますと、呉市に入りました。 またまた登りを越えて、ようやく見えてきたこちら。 とびしま海道の入口交差点。 安芸灘大橋の料金所に到着。 自転車と歩行者は西側の歩道を無料で通行可能でした。 戦艦大和が建造された場所はもう少し西側。 ここまでかなり体力を消耗して参りましたが、 はじめて通った安芸灘大橋の景色。 風も気持ちよくて、少し元気を回復。 ここから岡村島までは30kmほど。 フェリーの時間が射程内に入って一安心。 で、安芸灘大橋の爽快感もつかの間。 下蒲刈島に入った途端に登り坂。 さらに、このとびしま海道。 島の外周路は真っ平な道が殆どですが、 とにかく日陰が少ないのでめっちゃ暑い。 岡村島まで7つの島々を渡りますが、 橋の前後にそこそこな坂道が待っています。 登りはとにかく耐えて、 平坦路はそこそこで流す走りを心がけます。 いや~、とびしま海道ってこんなに疲れたっけ? やっぱりトンネルは涼しくて快適~。 豊島大橋からの坂道。 「ふぉぉーーーーー!」 この爽快感はたまりませんね。 で、また橋までの登り坂。 それにしても、 この日だけでどれだけの橋を渡ったことか。 海が近く見えるのは、とびしま海道の魅力です。 おや、あのループ橋には見覚えがあるぞ。 大崎下島の『一峰寺公園』 以前、クロスバイクでとびしま海道へ訪れた際、 ヒルクライムにチャレンジしました。 その時の様子はこちらをご覧下さい。 【クロスバイク】街乗りだけではもったいない。GRAVIERでいろんな道を走ってみました。 私の残りライフは僅かなので今日は登りません。 この大崎下島を過ぎますと、 岡村島はすぐそこです。 橋の上で広島県から愛媛県へ。 約7時間ぶりに愛媛県へ帰って参りました。 岡村港の少し手前には、 『ナガタニ展望台』というスポットも。 ここも超弩級の激坂です。 とびしま海道の展望ポイントについては、 こちらの記事もどうぞ! 【LIV】女性スタッフおすすめ、サイクリングスポット紹介 そして。 無事に岡村港に到着。 さっそく乗船券を購入します。 ほぼ予定通り、所要時間は7時間半で到着。 フェリーを待つ間、ファンタグレープで一息。 「ぷはーっ!」 16:15発の最終便に無事乗船。 1時間ほどフェリーでまったり過ごします。 引き波のあたりをぼーっと見ていると、 トビウオが飛ぶ瞬間が見れることも。 来島海峡大橋の下を通過。 流石にこれだけ走って参りますと、 その感動もひとしおです。 馬島の宿泊施設「GLAMPROOKしまなみ」 グランピングコテージのその丸い姿。 地球連邦とティターンズの可変MAに見えるのは、 わたしだけでしょうか。 そんなこんなで今治港へ到着。 ここから来島海峡大橋の入口、 糸山まで戻って完走の記念撮影。 いやー、今日も頑張りましたよ。   今回のサイクリング、如何でしたか? やり残した夏休みの宿題と称して挑んだ、 日帰り180kmロングライド。 やりきった感はここ最近でナンバーワン! 私の中での疲労度ランキングも1位に輝きました。 その要因は次の2つ 【風向きと暑さ】 さざなみ海道が追い風でしたら、 だいぶ余裕があったと思います。 誰ですか、途中で尾道店に立ち寄った際、 「多分、追い風だから余裕ですよ」 なんて言っていたのは… はい、私です。 【フェリーの時間】 この点はスタートを今治港にすることで、 時間へのプレッシャーも薄れるのでお薦めです。 そもそも。 もっと早くスタートすればいいだけですけどね。 別の機会に同じルートを走ることがありましたら、 一泊二日ぐらいのペースで美味しいものを食べて、 途中で観光や散策をしながら走ってみたいです。 それではまた、次回のサイクリングで。   ジャイアントストア今治 ―ジャイアント/リブストア今治ではFacebookやInstagramでも情報を発信しています― 普段ブログではお伝えしきれない、日常の店舗風景や、 スタッフのRIDE LIFEなどもUPしていますので、ぜひご覧下さい♪