ジャイアントストア今治

  • ジャイアントストア今治
  • ジャイアントストア今治
  • ジャイアントストア今治
  • ジャイアントストア今治
  • ジャイアントストア今治
  • ジャイアントストア今治

PICK UP イベント・キャンペーン・プログラム情報

STORE NEWS ストアニュース

2024/05/23

【イベントレポート】ジロで大三島

こんにちは。今治店です。 今回のGSCCライドはタイトルの通り。 糸山展望公園をスタートして、 大三島1周をメインに100kmのライドへ。 今回のメンバーはわたくしスタッフと、 お客様1人でのサイクリングです。 別に参加者が少ないからって気にしてないんだからね! 最近は休日ごとにロングライドや、 近場の坂道を地図上で見つけて、 ひたすら登りにいく事を楽しんでいるお客様。 そういった積み重ねによる効果なのでしょう。 半年前に初めてGSCCライドに参加頂いた頃よりも、 メキメキと走力アップしている事がわかります。 いつかは国道最高地点である渋峠や、 最恐の酷道としても名高い暗峠に行ってみたいそうです。 その2つを行ってみたい場所候補にされているあたり、 かなりどっぷりハマっていることがわかります。 ちなみに私は両方とも登った事がありますよ。 そんな独特な「うま味」しかない2人で行く今回のライド。 最初の目的地である大三島のパン屋さん。 「かえるベーカリー」さんに到着すると、 まさかの草刈り臨時休業! 気を取り直して先へ進みましょう。 ここから先の大三島南側外周ルートは、 個人的にも好きな区間。 長めの坂道と下り、平坦路の割合が絶妙で、 ロードバイクで走って最高に楽しいルートです。 お客様は今回初めて周ったそうですが、 おそらく気に入って頂けたことでしょう。 ただ、この日はお昼の飲食店がどこも激混み。 並んで入店を待つのはちょっと… ということで潔くコンビニ休憩を選択しました。 お客様も普段はそんな感じという事で、 おにぎりを食べながらライド話。 休憩後は大三島北側外周ルートへ。 南側よりも平坦の割合は多くなりますが、 1つ長い登りがあることに加えて、 風向きによっては結構脚を削られる北側ルート。 この日は風向きもよく順調にクリア。 多々羅しまなみ公園にて記念撮影。 あ、いまさらにはなりますが。 この日は毎年恒例のRIDE LIKE KING期間中なので、 オリジナルバナーを持参しております。 (あと私のジャージも) 写真を撮りたそうされている方を見つけて、 「よかったら写真撮りましょうか?」とお声をかけて、 こちらの写真も撮って頂く作戦。 伯方島、大島と戻ってきたところで、 せっかくなので大島西側外周ルートへ。 唯一のキツイ登り田ノ浦峠。 ここでもお客様のレベルアップを再認識。 暗峠に大変ご興味があるとのことで。 来島海峡大橋の手間にある、 とある激坂ポイントにもご案内。 足つきなくクリアされておりましたよ! 「ね?ざっくり100kmだったでしょう?」 こうしてストアライドなどを通じて、 お客様のレベルアップを拝見することは、 わたしとしても嬉しい限りです。   次回のGSCCライドは6/23を予定しております。 皆様のご参加をお待ちしております。   ―ジャイアントストア今治ではFacebookやInstagramでも情報を発信しています― 普段ブログではお伝えしきれない、日常の店舗風景や、 スタッフのRIDE LIFEなどもUPしていますので、ぜひご覧下さい♪  

2024/05/23

【CADEX】測って乗ってCADEX RACE GC タイヤ ※追記あり

こんにちは。今治店スタッフの川村です。 CADEXが発売するオンロードタイヤとしては、 3作目となるチューブレスレディタイヤ。 CADEX RACE GC 今回はこのタイヤについて、 その製品仕様と走行感についてご紹介します。 まずはタイヤサイズについて。 ◇ディスクブレーキ ◇ワイドリム ◇ワイドタイヤ 最新バイクはこの3要素が主流となり、 今作のGCタイヤについても28Cのみとなりました。 ただし実際に測ってみると…   まずはタイヤを構成する素材について。 トレッドコンパウンドにはCADEX RR-Sを採用。 以前からCADEX RACEに採用されてきたもので、 シリカベース特有の低い転がり抵抗に加えて、 ウェット路面での高いグリップ力が特徴的です。 路面を捉える感触については、 少しモチっとしたタイプのタイヤになります。 こちらのタイヤコンパウンドと合わせて、 注目は走行感に大きく影響するケーシングです。 これまでのCADEXタイヤは170TPIでしたが、 それを上回る240TPIを新しく採用しております。 コンパウンドやゴムなど他の要素も影響しますが、 一般的にはTPIが大きいほどケーシングは細かくなり、 しなやかかつタイヤ内部の摩擦ロスも少なくなります。 実際に触って比べてみるとその差は歴然でして、 CADEX RACEやCADEX AEROと比較すると、 驚くほどトレッドが柔らかくしなやかです。 折角なので実測重量も確認してみましょう。 こちらの個体は287gでした。 なお、CADEX製品ホームページでは279g タイヤという製品の性質を考慮すれば、 この程度は個体差、ということにします。 それに28Cでこの重量でしたら軽量級でしょう。 そう、これが実測で28Cだったなら…   さて、ホイールに組み付けてみましょう。 今回装着したのはこのホイールセット。 CADEX 36 リムブレーキモデル 巷ではもはや絶滅危惧種とさえも言われている、 本気の性能を誇るリムブレーキホイールです。 リムブレーキ用としては最大限までワイド化された、 内幅22mmのカーボンフックレスリムを採用。 リムブレーキバイクの可能性を最大限に引き出します。   ここで。 【タイヤ交換のコツ】 タイヤ交換をスムーズに行う為には、 まずリムの中央にある溝を使用します。 ここにビートをしっかり落とし込み、 バルブ周辺を最後に収めるようにします。 ちなみにタイヤを外す際も同様です。 組付けも取り外しもタイヤレバーの使用はNG 仕組みと手順をしっかり理解して、 コツさえ掴めば最後の部分も片手で組付け可能です。 べつに私が腕力ムキムキなわけではありません。 この辺りは経験がものをいう作業です。 フロアポンプでもビート上げができるのか? せっかくなので試してみたところ。 最初のポンピングからタイヤが膨らみ、 3.5~4barあたりでリムにビートラインが揃いました。 これなら自宅でも交換作業が容易ですし、 一般ユーザー目線として評価できる点ですね。 フックレスリムとの一体感は抜群で、 空力的メリットに加えてタイヤ剛性の点でも、 非常に期待値が高まる印象です。   【チューブレスタイヤあるある】 チューブレスレディタイヤにも様々なものがあり、 交換作業にフロアポンプなんてもってのほか。 コンプレッサーでも全然ビートが上がらない! なんていうちょっとイマイチな製品もあります。 シーラントの量を増し増しにしないと、 夕方には空気圧が1bar近く落ちている... なんていう製品もあったりします。 性能自体は大変優れているタイヤでも、 これだけは勘弁して欲しいところです。 その点、CADEXタイヤにはその様な不満もなく、 タイヤ組付け直後でも安心して出かける事ができます。 また、一度しっかり組付けができていれば、 急なパンクで空気が抜けたとしても、 いきなりリムからビートが外れることもなく、 走行するうえでの安心感があります。 このあたりの整備性と運用性の良さについては、 さすがの品質といったところです。   さて、リムへの組付けが終わりましたら、 空気圧に調整して幅を計測してみます。 ちなみにこれまで装着していたタイヤ、 CADEX AERO 25Cを改めて計測したところ。 4barで27.3mmでした。 ここは以前ご紹介した記事とほぼ変わらず。 【CADEX】測って乗ってCADEX AERO では続きまして。 CADEX RACE GCの方を計測してみましょう。 4barで26.3mmでした。 あれ???? 28C表記なのに25CのAEROよりも細くなったぞ。 (そもそもAEROも表記より太いですが) リムブレーキロードユーザーとしては、 タイヤクリアランスに余裕を残せるので、 あまり深くは突っ込まない事にします。 【おまけ】 内幅19mmのSLR1ホイールにも装着してみると、 ほぼ25mmになりました。どういうこと? これらの結果から個人的に推測いたしますと、 今回新登場のCADEX RACE GCタイヤ。 国産のパナレーサーやIRCが導入している、 新ETRTOのような設計になったのでしょうか? これについては特に明言されておりませんし、 そもそも表記が28Cなので真相はわかりませんが。   【追記】 それから5日後。 おや、CADEX RACE GCの様子が…? なんだかちょっと太くなっているような。 ということでもう一度計測してみると。 4barで27.3mmに成長していました。 実際にタイヤ幅が成長すること自体は、 他の製品でもそれほど珍しく無いのですが。 成長スピードがちょっと早くないか? これ、最終的に28mmになるのでしょうかね。   で、こうなると悩むのが空気圧セッティングです。 CADEX AEROとCADEX 36の組み合わせでは、 3.8barあたりが最も速く快適に走れる私。 そのため交換前の予想では、 「若干ワイドになるし0.3barぐらい下げるかな」 という心構えでいたのですが。 一応は28Cというサイズ表記を頭の片隅に置いて、 実際に乗りながら空気圧を探ることに致しました。 まずは経験と実際に乗ってみた感覚を頼りに、 少し空気圧を高めに調整して乗ってみたり、 思い切って低めに調整してみたり。 ◇転がりのスムーズさ ◇振動吸収とタイヤ剛性のバランス このあたりを意識して調整を繰り返し、 最終的に4barに落ち着きました。 で、ここで空気圧ガイドアプリを使用。 私が活用するのはスラム社のシュミレーション。 体重は最近計測していないので、 身体の感覚的に多分このぐらいかな? その他の必要項目を入力していきます。 すると… 感覚で合わせた空気圧とほぼ同じ結果になりました。 なお、余談になりますが。   弊社の空気圧ガイドもございますが、 こちらはかなり高めの空気圧指定となっています。 製品の指定空気圧範囲の関係上、 これは仕方ないところです。 ※指定圧よりも低いセッティングは自己責任でお願いします。   ここまでの検証をみますと、 俊敏性を求めるレーシングタイヤとしては、 ◇実測タイヤ幅は細くなった ◇でも重量自体は若干増している この2つの要素が何となく引っ掛かりますが。 ここからは実走レビューに参ります。 なお、今回の感想については、 ◇CADEX AERO 25C ◇CADEX RACE 25C この2つのタイヤと比較しております。   【直進性】 可もなく不可もなく。 しなやかになったケーシングと、 ほか2つのCADEXタイヤと比べて、 トレッドがより丸くなった影響か、 点よりも面で転がる感触が強くなりました。 このあたりは人によって好みがわかれるところ。 個人的には好きな部類のタイヤです。 直進性にもかかわる振動吸収性ですが、 装着前のしなやかな感触からすると、 クッション性はそれほど際立っている感もなく、 少し予想外な乗り味でした。   【グリップ力】 同じRR-Sコンパウンドを使用するCADEXタイヤ、 CADEX RACEと比較してもその差は明確で、 コーナリングでのグリップは非常に高く、 ブレーキ時のグリップもなかなかのものです。 これは最新の油圧ディスクブレーキと併用すれば、 大きなアドバンテージになるでしょう。 ウェット路面での安心感については言わずもがな。   【軽さ】 実測タイヤ幅が細くなったものの、 重量増とグリップが増した事による影響でしょう。 加速、巡航、さらにもう1段加速、そして登り。 CADEX AEROやCADEX RACEの25Cと比較すると、 「踏み込みに対する転がりの抜けの良さ」 この辺りを少し抑えられた印象です。 また他2つのタイヤと比べて、 走行感に対して空気圧がより明確に影響する印象で、 「自分とバイクにあった空気圧にピッタリ合わせる」 ここが若干シビアになったように感じます。 このあたりについてはケーシングのTIPが大きく、 しなやかなタイヤによくあるパターンです。 空気圧のセッティングが曖昧だと、 おいしい乗り味を引き出すことができません。   【耐パンク性】 全シリーズともに優れた耐パンク性能を誇る、 CADEXのレーシングタイヤ。 ロングライドでラフな路面もガンガン走る私自身、 CADEXタイヤを数セット使用して参りましたが、 道中でのパンクトラブルは今のところゼロ。 今回のCADEX RACE GCについても、 ほかのタイヤと同様の安心感があります。   【まとめ】 ◇CADEX RACE ◇CADEX AERO ◇CADEX RACE GC 3つのCADEXタイヤを使用して参りましたが、 わたしの好みとしては、 「総合的な速さと快適性はCADEX AERO」 「ヒルクライムの軽さはCADEX RACE」 といった感じで使い分けています。 今回のCADEX RACE GCについては、 より一層強力になったタイヤグリップに、 走りの軽さを若干食われている感もあります。 そこはCADEX AEROの走行感と比較してですが。 (追記:5日ほど経過してタイヤ幅が少し成長したら、 なんだか少し転がりも軽くなったような...) 例えばクリテリウムなどのレースで使用するなら、 このグリップとトラクションの良さは、 大きなアドバンテージになりそうですね。 また、このあたりについては、 新型TCRのようなディスクロードに装着したり、 体格が大きく高出力を発揮できる方が使用すると、 また違ったフィーリングになるでしょうね。 ホイールとの相性については、 ◇CADEX 50 ULTRA ◇CADEX MAX 40 ◇SLR 0 DB HOOKLESS この辺りとの組み合わせが良さそうです。 以上、ご参考にして頂けますと幸いです。   ―ジャイアントストア今治ではFacebookやInstagramでも情報を発信しています― 普段ブログではお伝えしきれない、日常の店舗風景や、 スタッフのRIDE LIFEなどもUPしていますので、ぜひご覧下さい♪  

2024/05/20

【イベントレポート】Livライド『大島でプチトレッキング』

晴れ予報が一転、イベント前夜から急に降り出した雨であわや中止かと思われたLivライド 『大島でプチトレッキング』を無事に開催する事ができました!! 明け方にはなんとか雨も止み、早速今回の目的地である『大島自然研究路』を目指します! 大島自然研究路は大島の南端に設けられた全長約1.8kmのハイキングコースで、 来島海峡大橋や断崖絶壁を望むビュースポットもある非常に歩きやすいコースなんです。 自然研究路への入口は「吉海町正味」地区と「吉海町名駒」地区の2ヵ所有り、歩いてそのまま通り抜ける事ができるんですが、 自転車があるので今回は「吉海町名駒」側へ自転車を置いて、研究路を途中で引き返してきました。 ちなみに、吉海町名駒と言えば、 どこから行っても坂を通る【坂不可避】スポットです...っ! バックには来島海峡大橋が見えるスポットも通りますが景色を楽しむ余裕はありません!(笑) 名駒側の入口は千年松ビーチの端にあります。 この日は黄砂の影響で対岸の今治の街並みもうっすら... ここが入口!?と思われる、ここが入口です。 前半は木に囲まれた山道が続き、途中から一気に眺望が開けます!! 来島海峡大橋が良く見える場所でおやつ休憩しました♪ ちなみに大島自然研究路は元々、大島島内で八十八ヵ所のお堂を巡る『島四国』というお遍路さんのミニバージョンとも言える巡拝ルートの一つで、38番札所が途中に設けられているんですが、かつては険しい崖に阻まれる最難関の場所だったそうです。その後、昭和47年に大島の自然美を体感してもらうため、ハイキングのモデルコースとして整備されたのが大島自然研究路の始まりとの事です! 『島四国』は毎年春の季節に『島四国へんろ市』という縁日が3日間開催され、この期間はお堂が開かれて島中でお接待などのおもてなしが受けられる貴重な機会になっているんですが、今年の島四国にスタッフもチャレンジしてきました!その様子はこちら→https://giant-store.jp/imabari/other/28864/ おやつ休憩したばかりのような気もしますが、大島自然研究路を折り返した後は本日のランチスポットへ! イベントは【4月】→【フォー】の月、、、 という事で! 亀山小屋さんでベトナム料理のフォーをいただいてきました(笑) お腹が空いていたので、デザートには台湾スイーツの豆花もいただいてしっかりカロリーオーバー。 大島自然研究路散策が思いの外サクサク進んだので、ランチ後は急遽大島・馬島の秘境巡りへ路線チェンジ!! 来島海峡大橋を渡っていると見えるこの場所、実は歩いて来れるんです…! 馬島では、来れそうでなかなか来れない来島海峡大橋の真下や、4基ある灯台の内の1基へ行ってみたり、 何故か突然の南国感漂うヤシの木ゾーンへ寄ってみたりと、普段は飛ばしてしまう場所もじっくり探索してきました! クロスバイクにスニーカーで散策多めのサイクリングも楽しいですね♪ ご参加いただいたお客様ありがとうございました!!! 次回、Livライドは6月16日(日)を予定しております! 皆さまのご参加をお待ちしております! ジャイアントストア今治 南

2024/05/15

【はじめてのビンディングペダル】ざっくりわかるクリート位置のツボ

こんにちは。今治店スタッフの川村です。 ペダリング効率を高める用品。 「ビンディングペダル」 ビンディングペダルには数種類のブランドがあり、 各プロショップさんによる推しの製品や、 サイクリングクラブ内の流行りもありますが、 やはり高い使用率を誇るのがシマノ。 現在はルックやタイム、スピードプレイなど、 他ブランドの製品を使用されている方も、 「はじまりはシマノ」という場合が多いです。   さて。 そんなシマノのロード用ビンディングペダル、 シューズに取り付けるSPD-SLクリートには、 ペダルとの位置関係を示す目印があります。 これ、意外とご存じでない方も多いはず。 クリート中央の両端にある小さな突起。 こちらがその目印です。 シューズでペダルをキャッチした際に、 ペダル軸中心を捉える位置を示しています。 シューズにクリートを取り付ける際には、 この目印を参考にします。 では、シューズのどこに合わせるのか? それが肝心なところですよね。 スムーズかつ力強いペダリングのためには、 まずはペダルに対する足の位置が大切です。 「ペダル軸の上に母指球を置く」 昔からこれが基本と言われておりまして、 ビンディングペダルの位置調整をする際も、 まずはこの母指球の位置が基準となります。   ここで。 母指球の位置が分りにくい。 そもそも母指球ってどこなの? という方は次の方法で確認してみましょう。 まずは踵が地面についた状態で立ちます。 このとき左右の足の間隔は肩幅ぐらいが目安。 続いて足裏で体重を感じながら、 少しずつ踵を浮かせたときのココ! 地面をぐっと押して力が加わる部分。 このあたりに母指球があります。 上からみるとちょうどこの辺り。 この部分をペダル軸の上に置いて、 サドルの高さを適正位置に合わせます。 サドルの高さはペダルが一番下にある状態で、 膝が軽く曲がるぐらいがベストです。 こうすることで体重+筋力でしっかり踏み込みつつ、 スムーズにペダルをこぐことができます。 フラットペダル+スニーカーで乗る際も同様です。 なおかつソールが柔らか過ぎない靴の方が、 ペダルをしっかり踏み込むことが出来て、 長時間走っても疲れにくくなりますよ。 なお、ときどき見かけるこの足の位置。 「がっつり土踏まずをペダルに置いている」 この場合はサドルが低すぎる事が多く、 脚の踏み込みがうまく伝わっていない場合も。 そんな方も母指球の位置を意識していただき、 サドルの高さを調整してみましょう。 それだけで走りやすさが激変します。 私も初心者の頃にこれを知ったときには、 まさしく目からうろこでした。 効率よくペダルを踏むことで、 サドルに座るお尻の痛みなども軽減できます。 意外と見落とされるポイントで、 これも初心者あるあるだったりします。 常に理想的な踏み位置に足を置ける点も、 ビンディングペダルのメリットです。   さて、加えてもう一箇所。 「小指球」の位置も確認すると、 より細かいクリート位置調整ができますよ。 え、小指球ってどこなの? という方に。 先程の母指球の位置を確認するのと同様に、 小指側でグッと地面を踏ん張るあたり。 手で触って少し出っ張っているこのあたり。 こちらは母指球よりも意識しにくい箇所です。 わからないという方は、 スルーしていただいてもOKです。 今回のテーマは『ざっくり』ですので。 なお、クリート前後位置を調整する際は、 この母指球と小指球の間で、 ペダル軸をキャッチできるようにします。   おおよその位置を確認しましたら、 シューズを履いた状態で目印をつけます。 細目に切ったマスキングテープを貼り、 冒頭でご案内したクリートの目印を使用して、 シューズにクリートを取り付けます。 まずは「母指球の真下にペダル軸」 取り付け位置の基本はこれでOKです。 では、クリート前後位置を変えると、 どんな違いがあるのかも少し触れておきましょう。 母指球と小指球の範囲の中で、 比較的前寄りにセットすると、 足首の伸展が働きやすくなります。 ふくらはぎや足首を使いやすくなり、 「ペダルを踏んでいる感」が明確になります。 ただし足首を大きく伸展する動作は、 あまり効率がよろしくないと言われています。 ですが裏を返せばペダリングの自由度が高くなり、 脚の動作に妥協できる点が増えます。 ペダルキャッチの感覚も掴みやすく、 そういった点で好まれる方が多い印象です。 はじめのうちは余程の違和感さえなければ、 母指球の真下にペダル軸が収まればOK これに対しまして。 母指球よりも後ろ寄りにセットした場合は、 足首の伸展を抑制する効果があります。 これによってふくらはぎへの負担が減ります。 ただし、前寄りに取り付けた状態よりも、 ペダルを「踏んでいる感」が少し薄くなります。 また初めてビンディングを使用する場合ですと、 ペダルキャッチ自体が若干難しくなります。 ペダリング全体をスムーズに行う為には、 先程の前寄りと比べて慣れも必要です。 ある程度の熟練度が身についていれば、 体幹から大腿周りをしっかり連動させることで、 より効率的な走りが出来ると言われています。 昨今レース界ではこちらトレンドらしいですが、 一般のホビーサイクリスト目線で見ますと、 意外と好みが分かれている印象も受けます。   あとここで1つ。 申し上げるのが遅くなりましたが、 シューズサイズが合っていることが大前提です。 足に対してサイズの大きいシューズでは、 母指球に合わせることも困難な場合があります。   足の左右の向き、内外の位置ついては、 ペダリング中の膝の動きなどが肝となります。 ペダリング中、極端に膝が内側へ入らないか? 踏み込みや引き足の際に足首や膝まわりなど、 不必要にねじれて詰まる感覚が無いか?など。 このあたりは身体の癖も影響する為、 ビンディングで矯正しすぎてしまうと、 痛みの原因にもなるので気をつけます。 なお、極度なガニ股の方については、 多少の矯正を強いられる場合があります。 踵を極端に内側へ向けてしまうと、 クランクやフレームに足が干渉するので。   調整後よほどの違和感が無ければ、 しばらくの期間乗ってみることも大切です。 少し乗る程度では調整が合っているかどうか、 案外わからないものです。 体調や筋力などフィジカル面や、 シューズの経年劣化なども影響する為、 多少の誤差を許容する必要もあります。 そもそも母指球や小指球という基準自体、 点ではなくある程度の幅があります。 そういった理由から「ぴったりここだ!」 という正確さを求めるのは難しいものです。 あまり神経質になり過ぎないことも忘れずに。 神経質になり過ぎると沼にハマります(汗) これはサイクリング全般に言えることですね。   以上、クリートの交換をするときや、 ビンディングペダルをはじめて使用する際に。 ご参考にして頂けますと幸いです。   ―ジャイアントストア今治ではFacebookやInstagramでも情報を発信しています― 普段ブログではお伝えしきれない、日常の店舗風景や、 スタッフのRIDE LIFEなどもUPしていますので、ぜひご覧下さい♪  

2024/05/05

5/19(日) 今治店GSCCライド『ジロで大三島』

こんにちは。今治店です。 5月GSCCライドは『ジロで大三島』と題して、 大三島1周をメインにざっくり100kmを走ります。 しっかりガッツリ走りたい! そんな方はぜひお待ちしております。   開催日 2024年5月19日(日曜日) 雨天中止(前日午後5時の時点で気象庁発表の降水確率50%以上の場合も含みます。) ※中止の場合には前日19時までにブログで告知いたします。 集合及び解散場所  『糸山展望公園』   当日のスケジュール 9:30 糸山展望公園出発 11:00頃 大三島南側外周ルートへ 途中、カエルベーカリーさんで休憩予定 12:00頃 大三島町宮浦 大三島北側外周ルートへ 16:00頃 解散予定   走行距離 約100km ライドカテゴリー:パフォーマンス ※登り坂は各自ペース 募集定員 先着5名様   ご参加の条件 GSCC及びClubLiv会員の方。 会員ではないお客様もビジターでご参加頂けます。 お気軽にご相談下さい。   参加費 各クラブ員及び自店購入者は500円 他店購入者は1,000円 (※その他実費負担)   推奨車種 ・ロードバイク   持ち物 ・ご自身のバイク ※タイヤやブレーキパッド、ブレーキシューなど 当日までにバイクの状態を確認、必要に応じて部品交換を推奨します。 ・フロントライト、リアライト必須 ・サイクルボトル(2本装備推奨) ・サイクリングウェア、グローブ、ヘルメット その他ウインドブレーカーなど温度調整が出来るもの。 ・パンク修理キット必須(スペアチューブなど) ・飲食代、補給食など   申込方法 ・WEB予約→こちら← ・店頭受付 9:00~19:00 火曜日定休日 ・TEL 0898-25-1175 5月17日(金曜日)午後7時まで   イベント参加者さまへ 新型コロナウイルス感染拡大防止対応のため、以下のことをお守りください。 ・当日受付時に「体調確認票」をお渡し致しますのでご記入の上、提出をお願い致します。 ・当日の朝、ご自宅にて体温測定をお願い致します。 ・体調がすぐれない場合、速やかにガイドスタッフにお申し出下さい。 ・イベント前後の待機中や休憩中は、他の方との距離(2m以上)を取ってください。 ・屋内に入る場合や他の方との距離(2m以上)が保てない場合、マスクを着用ください。 ・マスクを外して、大きな声での会話はお控えください。 ・走行中に唾、痰を吐くことや、手鼻をかむことはお控えください。 ・手洗いおよびアルコール等による手指消毒をこまめに行ってください。 参加者の皆さま全員が、安全、快適に走行できますようにご協力をお願いいたします。 ご提供いただいた個人情報は、株式会社ジャイアント、および運用会社名の 「個人情報保護方針/プライバシーポリシー」に則り適切な取扱いを実施します。   ジャイアントストア今治 ―ジャイアント/リブストア今治ではFacebookやInstagramでも情報を発信しています― 普段ブログではお伝えしきれない、日常の店舗風景や、 スタッフのRIDE LIFEなどもUPしていますので、ぜひご覧下さい♪  

2024/05/05

【募集】5/12(日)Livライド『白い花畑を目指して』

    菜の花、桜、ツツジ、藤の花、、、 色とりどりに花が咲く季節になりました!! 次回Livライドでは、白くて可憐なお花、 除虫菊を目指してサイクリングします☆ 除虫菊は因島のトレードマークの花と言われていて、かつては5月になると島内が真っ白になるほど栽培されていたそうです。現在は観賞用に数か所で栽培されているそうで、次回のLivライドでは『馬神除虫菊畑』へ向かいます。 往復100km強のタフサイクリングになりますが、今しか見れないお花目指して一緒に頑張りませんか? 皆様のご参加をお待ちしております! 【開催日】2024年5月12日(日曜日) 雨天中止(前日午後5時の時点で気象庁発表の降水確率50%以上の場合も含みます。) ※中止の場合には前日19時までにブログで告知いたします。 【集合時間】8:00 【解散時間】17:00頃 【集合・解散場所】ジャイアントストア今治 【走行距離】約110km 【カテゴリー】PERFORMANCE 推奨車種:ロードバイク 【参加条件】※女性限定イベントです ○Club Liv会員(会員では無い方もビジターとしてご参加頂けます。お気軽にご相談下さい) →サイクリングクラブについて詳しくはコチラ(https://giant-store.jp/imabari/bike/15916/) ○自転車保険に加入済の方 ○みんなと一緒に楽しくサイクリング出来る方 【定員】4名 【参加費】各クラブ員 及び ジャイアントストア購入者は500円 他店購入者は1000円 その他:実費負担(昼食代:1500円程度) 【持ち物・装備】 ・前後ライト ・ヘルメット ・グローブ ・補給食 ・パンク修理キット(スペアチューブ等) 【申し込み方法】 電話 0898-25-1175 (定休日:火曜日/営業時間 9:00~19:00) WEB →→こちら←← お申し込みの際、お聞きする内容:お名前・電話番号・車種(例:クロスバイク・ロードバイク) 【募集締め切り】 5月10日(金曜日)まで イベント参加者さまへ 新型コロナウイルス感染拡大防止対応のため、以下のことをお守りください。 ・当日受付時に「体調確認票」をお渡ししますのでご記入の上、提出をお願いいたします。 ・当日の朝、ご自宅にて体温測定をお願いいたします。 ・体調がすぐれない場合、速やかにガイドスタッフにお申し出下さい。 ・イベント前後の待機中や休憩中は、他の方との距離(2m以上)を取ってください。 ・屋内に入る場合や他の方との距離(2m以上)が保てない場合、マスクを着用ください。 ・マスクを外して、大きな声での会話はお控えください。 ・走行中に唾、痰を吐くことや、手鼻をかむことはお控えください。 ・手洗いおよびアルコール等による手指消毒をこまめに行ってください。 参加者の皆さま全員が、安全、快適に走行できますようにご協力をお願いいたします。   ご提供いただいた個人情報は、株式会社ジャイアント、および運用会社名の 「個人情報保護方針/プライバシーポリシー」に則り適切な取扱いを実施します。   ジャイアントストア今治 担当:佐藤・南 ―ジャイアント/リブストア今治ではFacebookやInstagramでも情報を発信しています― 普段ブログではお伝えしきれない、日常の店舗風景や、 スタッフのRIDE LIFEなどもUPしていますので、ぜひご覧下さい♪  

2024/04/26

店舗近隣コインパーキングのご案内

当店近隣のコインパーキングのご案内です。 例年、近い駐車場から満車になりやすいです。 ご来店のお客様はご参考になさってください。 料金に関しましては、実際に駐車場に表示されている内容のご確認をお願いいたします。 皆様のご来店をお待ちしております。  

2024/04/25

【スタッフのお遍路ライド】自転車で行く島四国八十八か所

こんにちは。今治店スタッフの川村です。 みなさまご存じの四国八十八ヶ所お遍路は、 約1400kmに及ぶ険しい道のりを経て、 88ヶ所の霊場を巡る古来から続く文化。 そんな八十八ヶ所を巡るお遍路ですが、 しまなみ海道の大島にも存在するのをご存じですか? それが今回のライドの目的でもある、 『島四国八十八か所』です。 200年以上前から続く島四国のお遍路。 毎年4月のへんろ市にあたる3日間には、 島内各所にある札所を巡るために 県内外から多くの方々が島へ訪れます。 その全行程は63km 数年前にわたしも初めて参加しまして、 自転車で1日かけて半分の札所を巡りました。 え? 1日で半分なのかって? そうなんです。じつはこの島四国。 歩き遍路が大変なことは当然なのですが、 自転車でまわってもこれがなかなか大変なんですよ。 大島を普通に1周走るのと比較しても、 必要とする時間と労力はそれこそ倍以上といったところ。 道中にはちょっとした登山が必要となる札所や、 激坂と呼べる坂道の連続に未舗装路も。 こんなところに道があったのか! と思わず驚く複雑に入り組んだへんろ路まで。 中途半端なサイクリングに出かけるよりも、 かなり高い満足度と達成感を得る事ができます。   前回は起点となる44番札所をスタート。 夕方までに10番札所まで巡りましたので、 今回はその続き、11番札所からお遍路をスタートします。 ちなみにこちらが島四国の納経帖。 例えるならセーブデータの様なものですね。 さいしょからはじめる 11ばんふだしょからはじめる⇦ この日の朝は濃霧であたりは真っ白。 で、その11番札所なのですが、 これがまた港町の狭い路地にあるんですよ。 じつは今回で3周目に突入するスタッフ南も、 このあたりの札所は毎回迷うそうです。 けっきょく次の12番札所へ先に到着しまして、 そちらの方に道案内をしていただきました。 ありがとうございます。 攻略本となる公式ブックを見ながら、 次の札所を目指して参りましょう。 今回の11番から43番札所が配置されているのは、 おもに島の中心を挟んで東側となります。 詳しい方はご存知でしょうがこの大島。 西側に比べて東側の方が起伏に富んでおりまして、 へんろ路についても前半に比べて坂道が多くなります。 わたしのミニベロTENは坂道に強い自転車ですが、 いつもより多めにローギアへシフトチェンジ。 同じく自転車で巡る方の姿もちらほら。 山越えを含む23から24番札所 こちらのように自転車で行けない札所もあり、 その場合には歩いて札所まで登ります。 「そりゃ行くしかないでしょう」 なのでペダリング効率を求めるビンディングシューズよりも、 フラットペダル+スニーカーを使用することがおすすめです。 「マジか!」   それにしても1つ1つの坂道が『激坂』 仮にサイクリングルートとして紹介するとしましたら、 これは間違いなく上級者向けルートとなります。 「ご苦労様ですニャ」 序盤では迷子になりましたが、 その後は順調に札所をまわっていきます。 滑りやすい坂道はトラクションコントロールの練習に。 ちょうどお昼のタイミングで到着した札所、 亀老山の麓にある高龍寺にてお接待のカップそばを頂きます。 ちなみに島四国では各札所で納経料100円を納めます。 お接待にはお菓子や柑橘、お茶などをいただきます。 「野球しようぜ!中島」 毎度おなじみの亀老山にも札所があります。 今回は手前の札所で納経をいただきました。 (いつも登っているのでいいよね?) さて、いよいよ終盤。 峠を越えて南浦の札所へ。 で、この先がじつは自転車遍路の最難関ポイント。 本家の八十八か所足摺岬を彷彿させる、 大島自然研究路という本気の登山ルートを経て、 崖の上にある札所を経由する区間となるのですが。 こちらも手前の札所にて納経を頂くことができます。 (少し前にもハイキングで訪れたのでいいよね?) その後はかつて集落を繋いだ峠の札所や、 激坂の上にある札所へ。 そして43番札所に到着。最後の納経をゲット! 無事に1周を終えることができました。 ちなみに聞くところによりますと、 10周以上されている方の納経帖は真っ赤らしいですよ。 (すこし重ねて納経を押すため) お接待のお菓子もたくさんいただきました。 後日、自宅にて大切にいただいております。   こうしてお遍路を通じて島内を巡りますと、 しまなみ海道は地域の方々の生活に密接しており、 多くの方によって支えられている事を実感します。 サイクリングやご旅行でしまなみ海道へお越しの際は、 是非そういったところにも目を向けながら、 旅情を感じていただけますと幸いです。   それではまた次回のサイクリングで。   ―ジャイアントストア今治ではFacebookやInstagramでも情報を発信しています― 普段ブログではお伝えしきれない、日常の店舗風景や、 スタッフのRIDE LIFEなどもUPしていますので、ぜひご覧下さい♪  

2024/04/19

【在庫情報】GIANTロード・クロス【4/17更新】

今治店GIANT車体の在庫情報をご紹介します。 気になるモデルがございましたら、ぜひお早めに!! 【ロードバイク】     TCR ADVANCED SL DISC TEAM FRAME SET(2024年モデル) チーム color:チーム サイズ:M(適応身長170cm~185cm)   TCR ADVANCED PRO 1 DISC AR(2024年モデル) チャコールプラム color:チャコールプラム サイズ:S(適応身長165cm~175cm)   TCR ADVANCED PRO 1 DISC 105 DI2 SE(2024年モデル) ダークイリディセント color:ダークイリディセント サイズ:M(適応身長170cm~185cm)   TCR ADVANCED PRO 2(2025年モデル) メテオストーム color:メテオストーム サイズ:S(適応身長165cm~175cm)   TCR ADVANCED 1 KOM(2025年モデル) マーズダスト color:マーズダスト サイズ:S(適応身長165cm~175cm)   TCR ADVANCED 1 DISC KOM(2024年モデル) ユニコーンホワイト color:ユニコーンホワイト サイズ:XS(適応身長155cm~170cm)   TCR ADVANCED 1 DISC KOM(2022年モデル) 旧モデルの為、特別価格でご案内します。ぜひ店頭にてスタッフにお声がけ下さい。 アンバーグロウ color:アンバーグロウ サイズ:S(適応身長165cm~175cm)   TCR ADVANCED 2 DISC KOM(2024年モデル) ヘマタイト カーボン color:ヘマタイト サイズ:S(適応身長165cm~175cm) color:カーボン サイズ:S(適応身長165cm~175cm)   PROPEL ADVANCED SL FRAME SET(2024年モデル) ブルードラゴンフライ color:ブルードラゴンフライ サイズ:S(適応身長165cm~175cm)   PROPEL ADVANCED 2(2023年モデル) 旧モデルの為、特別価格でご案内します。ぜひ店頭にてスタッフにお声がけ下さい。 コバルト color:コバルト サイズ:S(適応身長165cm~175cm) color:コバルト サイズ:M(適応身長170cm~185cm)   DEFY ADVANCED 2(2023年モデル) 旧モデルの為、特別価格でご案内します。ぜひ店頭にてスタッフにお声がけ下さい。 ディープレイク color:ディープレイク サイズ:S(適応身長165cm~175cm)   CONTEND AR 1(2024年モデル) ブラック color:ブラック サイズ:M(適応身長170cm~185cm)   CONTEND 1(2024年モデル) ローズウッド color:ローズウッド サイズ:M(適応身長170cm~185cm)   CONTEND 2(2024年モデル) コールドアイアン color:コールドアイアン サイズ:XS(適応身長155cm~170cm)   REVOLT ADVANCED 2(2023年モデル) 旧モデルの為、特別価格でご案内します。ぜひ店頭にてスタッフにお声がけ下さい。 パンサー color:パンサー サイズ:S(適応身長170cm~180cm) 【クロスバイク】 ESCAPE RX 2 DISC (2025年モデル) グリーン color:グリーン サイズ:S(適応身長160cm~175cm)   ESCAPE RX 2 DISC LTD(2023年モデル) サファイア color:サファイア サイズ:XS(適応身長155cm~170cm)   ESCAPE RX 3(2025年モデル) パールホワイト color:パールホワイト サイズ:S(適応身長160cm~175cm)   ESCAPE RX 3 LTD(2023年モデル) ヘリオスオレンジ ブラック color:ヘリオスオレンジ サイズ:S(適応身長165cm~175cm) color:ブラック サイズ:S(適応身長165cm~175cm)   ESCAPE R3 MS LTD(2023年モデル) サンバーストイエロー color:サンバーストイエロー サイズ:XS(適応身長155cm~170cm)   IDIOM 2(2024年モデル) メタリックネイビー   color:メタリックネイビー サイズ:M(適応身長155cm~180cm)   みなさまのご来店をお待ちしております。 ジャイアントストア今治   ―ジャイアント/リブストア今治ではFacebookやInstagramでも情報を発信しています― 普段ブログではお伝えしきれない、日常の店舗風景や、 スタッフのRIDE LIFEなどもUPしていますので、ぜひご覧下さい♪    

2024/04/19

【在庫情報】女性ブランドLivのロードバイク・クロスバイク

女性チームが女性のために考えるブランド『Liv』のバイク、 身長140cm~の方からお乗り頂けるバイクが揃っております! 気になるモデルがございましたら、ぜひお早めにお問い合わせくださいませ。 【 ロードバイク 】 LANGMA ADVANCED PRO 0 DISC (2024年モデル) color: デジタルブラープル ■今より1つ上の走りを求める方に■ オールラウンドカーボンロードLANMAの上位モデルです。 カーボンホイールやハンドル、12速電動コンポーネント シマノ「ULTEGRA Di2」を搭載しています。 [店頭在庫] color:デジタルブラープル サイズ:XXS(適応身長145cm~160cm)   LANGMA ADVANCED 2 DISC QOM (2024年モデル) color: カメレオンパープル ■初めてロードバイクを乗られる方に■ 初めてのロードバイクに最適なギア比や握りやすいシマノコンパクトSTIレバーを採用。 カメレオンパープルは見る角度で色が変化する見た目も楽しいロードバイクです。 [店頭在庫] color:カメレオンパープル サイズ:XS(適応身長155cm~170cm)   AVAIL ADVANCED PRO 1(2024年モデル) color: マットゴールデンヘイズ ■より遠く、より快適なロングライドをアシスト■ 不快な振動を軽減するD-FUSEカーボンシートポストとD-FUSEアルミハンドルバー クッション性の高い32cのタイヤに加えシマノ電動コンポーネントを採用し、ロングライドのストレスを軽減します。 [店頭在庫] color:マットゴールデンヘイズ サイズ:XXS(適応身長145cm~160cm)     AVAIL AR 1(2024年モデル) color: エーアイブルー ■舗装路から未舗装路まで■ 幅広いギアレシオに対応する12速化されたシマノ「105」コンポを採用しています。 店頭在庫] color:エーアイブルー サイズ:XS(適応身長155cm~170cm)   【 クロスバイク 】 ESCAPE RX W LTD(2023年モデル) color: マットブラック パールホワイト ■サイクリングを趣味にするのに心強い1台■ 軽快な走りを実現するフレーム設計に、女性に優しいサドルやフィット感の高いグリップなどが付いたスポーティなクロスバイクです。 [店頭在庫] color:マットブラック サイズ:XS(適応身長155cm~170cm) color:パールホワイト サイズ:XXS(適応身長140cm~160cm)   ESCAPE R W DISC LTD(2023年モデル) color : パールホワイト マットチャコール [店頭在庫] color:マットチャコール サイズ:XS(適応身長155cm~170cm) color:パールホワイト サイズ:XS(適応身長155cm~170cm)   ESCAPE R3 W LTD(2023年モデル) color : サテンスカイブルー イエロー ■普段使いにオシャレで快適な自転車を!■ お手頃価格の人気No1バイクです。 [店頭在庫] color:サテンスカイブルー サイズ:XXS(適応身長140cm~160cm) color:イエロー サイズ:XS(適応身長155cm~170cm)   ESCAPE R3 W MS LTD(2023年モデル) color: ブラウン パールホワイト [店頭在庫] color:ブラウン サイズ:XXS(適応身長140cm~160cm) color:パールホワイト サイズ:XXS(適応身長140cm~160cm)   GRAMME(2021年モデル) 旧モデルのため、特別価格でご案内します。ぜひ店頭にてスタッフにお声がけ下さい。 パールホワイト ■どんな路面も安定感抜群!■ 太目の幅のタイヤで、パンクリスクも軽減されます。 [店頭在庫] color:パールホワイト サイズ:XXS(適応身長140cm~160cm)   ご成約やお取り寄せについて、よくあるご質問はこちら↓へ。 【Q&A】ご成約からお取り寄せ、店頭でのご納車まで。 みなさまのご来店をお待ちしております。 ジャイアント/リブストア今治 ―ジャイアント/リブストア今治ではFacebookやInstagramでも情報を発信しています― 普段ブログではお伝えしきれない、日常の店舗風景や、 スタッフのRIDE LIFEなどもUPしていますので、ぜひご覧下さい♪