ジャイアントストア高知

  • ジャイアントストア高知
  • ジャイアントストア高知
  • ジャイアントストア高知
  • ジャイアントストア高知
  • ジャイアントストア高知

EVENT / CAMPAIGN イベントキャンペーン情報

STORE NEWS ストアニュース

2020/06/01

6月の予定(臨時休業など)

    新型コロナウイルス感染症の拡大防止の為、 引き続き以下の対応いたします。 1、 スタッフ全員のマスク着用と手洗いの徹底 2、 入店されるお客様へのマスク着用のお願い 3、 消毒液による定期的な店内消毒、店内換気 4、 ライドイベントや講習会の中止 5、 店内混雑を避けるための入店制限 6、長時間商談の自粛 特に、 ご来店の際のマスク着用にご協力くださいませ。   また、 店内混雑を避けるため、メンテナンス・修理は、 予約制、および車両の一旦お預かりといたします。   お客さまには大変ご不便をおかけしますが、 何卒ご理解賜わりますようお願い申し上げます。 ジャイアントストア高知    

2020/05/14

GIANT 2021モデル「TCR ADVANCED PRO 1 DISC」インプレッ

こんにちは、 ジャイアントストア高知、スタッフ、ヤマモト(マサ)です。 なかなか、いいバイクなので、もう少しインプレします。 ということで、その3です。 少し重複するところもありますが…     今回は、2021モデル「TCR ADVANCED PRO 1 DISC」のご紹介をいたします。 ※実際にパーツを食い入るように見て、実際に乗ってみた感想です。     まず、はじめに結論から申しあげますと、とても良い。凄く良い。 正直GIANT/Livの自転車は、どれをとっても良い感じですが、今回は本当に良いです。     店長も「いいわ~いいわ~、ロード最近興味あんまりわかんかったけど、これは欲しいわ~」 と言わしめてしまうほどのバイクです。(店長最近MTB漬けでしたもんね、、、)     さすがにTCR初代から数えて9代目。先代でもかなり完成されていたのに さらにブラッシュアップされ、完成形へという印象です。     乗った感じは、凄く乗りやすいです。これホントにTCR?と思うほどです。 走る・曲がる・止まる。高次元で行えます。まるで体の一部になったかのように 思い通り走ります。立ちこぎダッシュしても、タイムラグを感じません。 剛性が非常に高いことがわかります。でもガチガチで乗らされてる感はありません。 絶妙の剛性が乗りやすいと感じるのだと思いました。 正直トータルバランスがすこぶる良い車両です。     細かい点をあげればきりがないのですが、少しずつの積み重ねがこのTCRを 作り上げているのだと思いました。一つの部品を更に磨きをかけ、 最後にまとめて高水準に持ってくる。自社でたくさんのパーツを作りだしている GIANTだからこそできるバイクだと思います。     まあ良い良いばかり書いていても、では何が良い?? わけがわからなくなってしまうので、 「TCR ADVANCED PRO 1 DISC」の部品を見ていきましょう。     ・フレーム マットローズウッドカラー。なかなか落ち着いたおしゃれなカラーです。     特に特徴的なのはダウンチューブでしょうか。平べったく幅広になっています。     600ccボトルを搭載した時の空力を考えて作っています。凄いの一言。     ヘッド部分やフロントフォークの形状も変更、空力や合成アップに貢献しています。 本当にがっちりしていて安心感が高いです。不満の出る挙動は感じません。     GIANT規格OD2(オーバードライブ)の太いヘッドで操作性・剛性もバッチリ。 更にステムも新形状でカッコいい!(剛性UPにも一役かっています)     マット色のせいでしょうか。今回のフレームを見ているとデザイン性も優れていると感じます。     流れるような線の中に角を入れた形状。最新の空力を考えた結果生まれた形なのでしょうが、 見ているうちに、ちょっとした近代美術館に展示しているオブジェのようにも見えてきます。     デザインありき。性能ありき。どちらかに寄っているわけではありません。     トータルデザイン!まさにTENSIO! ???テンシオ??? 下に動画リンクを貼っときますね。     ・サドル 今回はサドルも一新されています。このサドル、座った瞬間良いことがわかります。 ロード特有のカチカチサドルに座った気がしません。 かといってフワフワで力が逃げている感じもありません。     絶妙な硬さ・柔らかさの座布団を手に入れた感覚。あえてイスと言わないのは、 それだけリラックスできしっくりくるからです。あ~至福の座り心地。     ・シートポスト GIANTオリジナルシートポストです。     後部を大胆にカット。空力を考えてでしょうか。エアロロードのプロペルの新型のポスト形状と 似てます。もちろんカーボン製で軽量化・乗り心地にも貢献しています。 GIANTは車体に合わせて独自カーボンポストを作るところが、特別な感じでカッコいいですね。 流石優れたカーボン形成技術を持ってます!     ・ハンドル ハンドルバーも新ハンドルとなります。このドロップバー握りやすいんですよね。 特に手元の部分が少し平たくなっていて疲れにくく感じます。上りのポジションチェンジに、 役立ちますね。こちらも人間工学と空力を考えて従来の丸っこいままのハンドル形状とは別格です。     あとはハンドルと言えばバーテープ。最近のGIANT完成車には、 ほとんど採用されているものですが、 握り心地・しっかりとしたグリップ感、かなり良いです。     ・ホイール ホイールも一新されました。最新フックレスリム仕様のカーボンホイールです。 フックレスと言えば、CADEXのホイールなんかもそうですね。軽量化・剛性UPに一役買います。 上位コンポブランドの技術が、もうすでに生かされています。     ハブもGIANT製。このハブ回転もかなりいいです。 今回のTCRは良く進むと感じる要因になっているのではないでしょうか。     もちろんスポークはDBL組みです。GIANTではおなじみですね。実際乗っているときに スポークテンションが最適になるようにしている技術です。     長年PROスペックには搭載されてきた実績ある使いやすいホイールですが、 さらに磨きがかかりました。戦闘力UP必至!     ・タイヤ タイヤはGIANTのチューブレスタイヤ「GAVIA COURSE1」 転がり・グリップともに良好。あまり好き嫌いの別れない優秀なタイヤだと思います。 はじめの一本には最適ではないでしょうか。路面・天気など様々な環境に対応してくれる 万能タイヤです。まあ次のタイヤ交換時には、用途に合わせた好みのタイヤを付ければ良いかと思います。 GAVIAシリーズも、環境や用途に合わせて様々な種類が増えてきましたしね。 個人的にはCADEXのタイヤをつけたいです。     大まかに今回の「TCR ADVANCED PRO 1 DISC」に搭載の GIANTパーツを紹介させていただきました。 しかし、まだまだ高性能、人気装備を搭載しています。   変速関係はシマノ製アルテグラを搭載。     油圧ディスクブレーキもよく効きます。     ディスク仕様のSTIレバーもブラケット上部が握りやすくなっています。 しっかり握って加速できますね。     アルテグラのクランクには、なんとパワーメーターまで搭載されています。     左右の個別パワーを計測できます。(右クランク)     パワープロがセットアップされています。(左クランク)   油圧ディスクブレーキにカーボンホイール、さらにはパワーメーターまで。 欲しいものがたくさん初めから詰まっています。       このような高水準のパーツ・フレームを開発し、そしてまとめ上げた結晶が今回のTCR。 走って良し、曲がって良し、止まって良し!バイクがまるで自分の手足のように感じます。 2021モデル「TCR ADVANCED PRO 1 DISC」 紹介につい熱が入ってしまうバイクです。     (関連動画) ★トータルデザイン!まさにTENSIO! ???テンシオ??? ★インプレッションの様子 (関連ブログ) ★GIANT 2021モデル「TCR ADVANCED PRO 1 DISC」インプレッション その1 ★GIANT 2021モデル「TCR ADVANCED PRO 1 DISC」インプレッション その2       ジャイアントストア高知 YouTube・インスタグラム (プチ情報・プチ動画をチェック) ジャイアントストア高知インスタグラムへ ジャイアントストア高知YouTubeへ (GIANT/Livのバイクに乗って一緒に楽しみましょう)    

2020/05/10

GIANT 2021モデル「TCR ADVANCED PRO 1 DISC」インプレッ

GIANT  2021モデル 「TCR ADVANCED PRO 1 DISC」インプレッション その2 前回のつづきです。     ■ 操作性は? BBまわりの剛性をみています。     8の字旋回であそんでみます。     キレよく曲がる感じがする。 右旋回が苦手、 ちょっと練習をした方がいいかも… (イブキ)   顔を向けるだけで曲がってゆく感じ。 そして、スパッと切り返しができる。 最初はちょっと怖いかも知れないけど、 練習すればUターンが楽になるよ。 やっぱり、フロント周りの剛性がいい。 (ヒロシ)   スラロームごっこしたら、 速そうなバイク。 いや、絶対速い! 加速もいいからね。 (マサ)       ■ディスクブレーキはどうなの? 気になっている方も多いのでは…   やっぱり、長い下りは手が楽です。 ブラケットをにぎるだけで下れる。 よほどの急坂でない限り、 下ハンドルをにぎる必要ないからね。 高知はどこへ行っても坂があるから、 ブレーキはしっかりした方がいいと思う。 しかも雨も多いから、いつも安定した性能が欲しい。 (マサ)     ディスクは車重が少し重くなるから、 少し否定的だったけど、 使ってみると、そんなにデメリットは気にならない。 それより下りの安心感が全然違う。 これは大きいと思う。 次はディスクにしようと考えている。 やっぱり次もTCRにしようかな、という感じ。 (イブキ)       いつものコースで走ると良くわかる。 このディスク、コーナー前で、 ブレーキングを1~2秒遅らせることができる。 その場所では、下りで、いつも時速45kmくらいだから、 約十数メートルは短縮できている。   いつものキャリパーなら、だいぶ手前から、 ズルズルっとブレーキをかけ始めている。   この1~2秒、レースだったら大変意味あることではないだろうか? 競技者にはかなりのアドバンテージだと思えてしまう。   でも、私のような一般ユーザーは、 レースをしているわけではないので、 そんなに気にする必要はないかも知れない。   しかし、 「走りを楽しむ」という観点では、 大変有意義なものになると感じます。   曲がりくねった、ブレーキを多用する山岳では、 減速・曲がる・加速! そんなメリハリのある走りが楽しめると思います。 (ヒロシ)   *ただし、しっかりとブレーキングの練習をして、 ディスクブレーキに慣れることが必要。 ディスクの面白さや安心感から、下りはつい飛ばしたくなる。 事故の無いよう、場をわきまえた大人の走りが必要。 それくらい、面白いということである。         ■見た感じはどう? 見た目も大切…   高級感がある。 遠くから見るとマットブラック、 近寄ると色味が出てくる、マットローズウッド。 性能とは相反し、あまり戦闘的な感じではない印象。 だから、のんびりツーリングでも絵になる感じ。 (マサ)     上品でお洒落な感じがする。 女性が乗ってもいいんじゃない? この色、Livでもあればいいのに… (イブキ)     性能をあまり主張していない感じです。 構造を見ればやる気満々ですが… マットローズウッドと聞けば 敬遠する人もいるかもしれませんが、 実物はかなりセンスが良い感じです。 (ヒロシ)         ■その他に何か? 印象に残ったことは…     ホイルが想像以上に良かった。 よく回る、よく進む。 GIANT製のハブ、かなりいい感じがした。 サドルもしっくり、お尻をよくホールドしてくれる。 タイヤのグリップ感は、さすが「GIANT GAVIA COURSE 1」。 ところでGIANTはパーツメーカーだったかな? という感じになるくらい、パーツ類が向上している。 結局は、フレームだけや個々の部品の性能だけではあまり意味がなく、 トータルでどうか? ということなのでしょう。 (マサ)     今のTCRでも満足しているけど、 この新型に乗ると、やっぱり欲しくなる。 ヤバイねぇ~、やっぱりいいもんはいい。 という印象です。 (イブキ)     仕様や性能のこともあるけれど、 今度のモデルは、 工業製品の域を飛び出そうとしている感じがする。 しっかりとした技術や性能に裏付けされた、 芸術性を感じる。あるいは哲学か? 機能美ともいえるかもしれないが、 それだけではない印象。 また、 ユーザーが乗ってこそ完成されるバイク。 そんな感じがする。 (ヒロシ)         ■価格はどう? そうなんだよね~やっぱり… ¥450,000(税抜)     僕は24回払いで買ってもいいと思った。 このバイクを知らない乗らないのは、 逆にもったいない感じがする。 (マサ)     今の僕には大金です。 でも頑張れば買える価格。 内容からすると全然高くないと思います。 多分、分かっている人なら誰もがそう思うかも。 一応、射程距離内にしています。 (イブキ)     乗らなければ高く感じるバイク。 乗れば乗るほど安く感じるバイク。 あるいは、 買うまでは高いが、 乗れば安いバイクになる。 そんな感じがします。 (ヒロシ)         ■こんな人におすすめしたい! 販売のプロとしてどう考える? レース、サイクリング、ツーリング、ポタリング等など、 いろんなことを、幅広くロードバイクで楽しみたい方におすすめしたい。 そういう意味で、いろんな世界を知るために、 最初に乗るロードバイクとしての価値もあります。 もちろん、 アルミや入門カーボンからの乗り換えでは、 ロードバイクに乗っているからこそ、その性能に感動できることと思います。 (マサ)       僕は、レースや自己の限界を目指す人におすすめしたいです。 ただ勝つだけではなく、走りそのものを追及したりするのも楽しいと思います。 純粋に仕様や性能、価格でみれば、非常に優れたバイクだと思います。 同じお金を出すなら、高性能がいいと思います。 (イブキ)       世の中には、いろんなメーカーのロードバイクがあります。 GIANTの中でも、いろんなタイプのロードバイクがあります。 もし迷っているなら、「TCR」 これが結論です。 迷ってる時間がもったいない。 早く乗った方がいいではありませんか。 楽しい時間が増えるので。 (ヒロシ)       https://youtu.be/UCtBdURN5wY ちょっとした動画です。よければご覧くださいませ。       ★GIANT 2021モデル「TCR ADVANCED PRO 1 DISC」インプレッション その1   ★メーカーHP TCR ADVANCED PRO 1 DISC                 

2020/05/09

GIANT 2021モデル「TCR ADVANCED PRO 1 DISC」インプレッ

2021モデル 「TCR ADVANCED PRO 1 DISC」インプレッション     TCR ADVANCED PRO 1 DISC ¥450,000(税抜)   スタッフ3人、 2021モデル「TCR ADVANCED PRO 1 DISC 」サイズXS で、 いろんなところを走ってみました。 今回は、その1となります。     (その1) ■まずは走ろう! ■空力性能は? ■登り坂はどんな感じ?   (その2) ■操作性は? ■ディスクブレーキってどうなの? ■見た感じはどう? ■価格はどう? ■その他に何か? ■こんな人におすすめしたい!       スタッフ:マサ (ポタリング、サイクリングが好き) 愛車:LANGMA ADVANCED PRO 1   スタッフ:イブキ (ヒルクライム、アグレッシブな走りが好き) 愛車: TCR ADVANCED PRO TEAM     店長:ヒロシ (とにかく山が好き) 愛車:LANGMA ADVANCED 2 *画像は今回のTCR ADVANCED PRO 1 DISC     さあ、どこへ行こうか?   やっぱり、山。 変化に富む地形が走って面白い。 TCRが一番楽しめる場所。       ■まずは走ろう!     停止状態からの最初の加速は、僕のTCRの方が速い感じですが、 そのあとの加速は、このバイクの方がいいですね。 どんどん速度が上がります。 直線が楽しく走れます。 (イブキ)   確かに、加速はいい感じ。 加速感を楽しめる。 乗り物好きには加速感がたまらない。 (マサ)   あれ、自分こんなに速かったかな? と錯覚させてくれるところが面白い。 性能の恩恵を受けている証拠だと思います。 (ヒロシ)       ■  空力性能は? 「新型TCRを実走状態で確実に機能させるため、 標準的な600ccのボトルをダウンチューブとシートチューブの両方に アッセンブルした状態でエアロダイナミクスが設計されています。」 ということで、ボトルも付けて走ってみました。     正直、分かりません。 僕の走りでは体感できませんでした。 (イブキ)   僕も感じられません。 でも、気分は◎! それでいいじゃない? (マサ)   その辺は、プロのインプレに任せましょう! というか、 「すべての製品は風洞実験の場合と同じように 路上でも機能しなければならない」 という、この考え方が好きですね。 (ヒロシ)   *物事を突き詰めている感じがする。 見落としそうな細部まで考えられていること。 そこに進化するTCRの頼もしさがある。 「神は細部に宿る」という言葉が思い出される。       ■ 登り坂はどんな感じ?   結構、勾配のある坂道。 さすがTCR、やっぱりTCR。 といった感じ。   踏んだ分だけ前に出る、 軽く前に押し出されるように、 エネルギーのロスなく進みます。     特筆できるのは、立ちこぎ。   フロントまわりの剛性が良い。 カチッとした感じで、フォークのねじれが少ない。 今までの乗ったバイクの中で一番良い。 (イブキ)   *OVERDRIVE 2 コラム、左右対称なADVANCEDグレードカーボンフォーク、 DISC化にともなうスルーアクスル等が理由ではないか。 「主要な競合他社と比較してねじれ剛性が35%向上」の体感である。     僕の体重でも、フォークのねじれは感じにくい。 BBまわりもガッチリしてる。 立ちこぎで、バイクを左右に振ろうとした時、 バイクがすぐに反応する。 人馬一体感がある。 (マサ)   *独自規格のオーバーサイズ・ボトムブラケット形状のPOWERCORE 、  左右対称形状のチェーンステイの恩恵かも知れない。   (店長、しんどくて、口あいてるよ…)   それでも、このバイク、登りは楽ですね。 よく進みます。 (ヒロシ)       ツツジがきれいでした。 TCRが楽しいから、 余計にそう感じられるのでしょう。   つづく     https://youtu.be/UCtBdURN5wY ちょっとした動画です。よければご覧くださいませ。   ★メーカーHP TCR ADVANCED PRO 1 DISC   

2020/05/09

5月の予定(時短営業、臨時休業など)

新型コロナウイルス感染症の拡大防止の為、 引き続き以下の対応いたします。 1、 スタッフ全員のマスク着用と手洗いの徹底 2、 入店されるお客様へのマスク着用のお願い 3、 消毒液による定期的な店内消毒、店内換気 4、 ライドイベントや講習会の中止 5、 店内混雑を避けるための入店制限 6、 週末の時短営業  または週末の臨時休業 7、 長時間商談の自粛(10分程度) 特に、 ご来店の際のマスク着用にご協力くださいませ。   また、 店内混雑を避けるため、メンテナンス・修理は、 予約制、および車両の一旦お預かりといたします。   お客さまには大変ご不便をおかけしますが、 何卒ご理解賜わりますようお願い申し上げます。 ジャイアントストア高知    

2020/04/18

時短営業・臨時休業のお知らせ

高知県知事の発表、 及び政府から発令された「緊急事態宣言」にもとづき、 新型コロナウイルス感染症の拡大防止の為、 4月18日から下記の通り、 時短営業・臨時休業いたします。   また、引き続き以下の対応いたします。 1、 スタッフ全員のマスク着用と手洗いの徹底 2、 入店されるお客様へのマスク着用のお願い 3、 消毒液による定期的な店内消毒、店内換気 4、 ライドイベントや講習会の中止 5、 店内混雑を避けるための入店制限 6、 週末の時短営業  または週末の臨時休業 7、 長時間商談の自粛(10分程度) 特に、 ご来店の際のマスク着用にご協力くださいませ。 また、 店内混雑を避けるため、メンテナンス・修理は、 予約制、および車両の一旦お預かりといたします。   お客さまには大変ご不便をおかけしますが、 何卒ご理解賜わりますようお願い申し上げます。 ジャイアントストア高知     みなさんと一緒に走り、語り合う日が来ることを、 期待しながら営業を続けてまいります。    

2020/04/10

新型コロナウイルス感染予防対策について

お客様各位 日頃よりジャイアントストア高知を、 ご愛顧いただき、誠にありがとうございます。   当店といたしましては、このような状況下でも、 生活や仕事のため自転車が必要な方のため、 感染拡大防止に最大限努力しながら、 可能な範囲で営業を続ける所存です。   なお、お客様と従業員の安全と健康のため、 以下の対応をさせていただいております。   1、 スタッフ全員のマスク着用と手洗いの徹底 2、 入店されるお客様へのマスク着用のお願い 3、 消毒液による定期的な店内消毒、店内換気 4、 ライドイベントや講習会の中止 5、 店内混雑を避けるための入店制限 6、 週末の時短営業  または週末の臨時休業 7、 長時間商談の自粛(10分程度)   特に、 ご来店の際のマスク着用にご協力くださいませ。 また、 時短営業、臨時休業などは、 事前に、このブログにてご案内させていただきます。   お客様にはご不便とご迷惑をお掛けいたしますが、 なにとぞご理解、ご了承のほどお願い申し上げます。 ジャイアントストア高知     濵田知事の県民へのメッセージ、 最後の部分が印象的でした。   「自分自身を守るため、 そして大事な家族を守っていくため、 そして ふるさとの高知を守っていくために、 是非、県民の皆様にご協力をお願いしたいと思います。 どうかよろしくお願いいたします。」                

2020/03/31

4月の予定(イベント、臨時休業など)

4月も昨今の諸事情により、様々な自転車イベントが、 中止・延期になっています。 そんな中でも、運動不足にならないように、 また、 リフレッシュのために、自転車には乗りたいものです。 どんな状況でも、創意工夫で、 ライドライフは、 楽しめるものと思います。 みなさんと一緒に走れることを、 楽しみにしています。 (^_^) 今後ともよろしくお願い申し上げます。

2020/03/11

通学クロスバイク 人気車種のご紹介

通学で使用される、 当店人気のクロスバイクをご紹介   *(続々入荷中!)     (結論)  カワイイ! カッコイイ! それでいいじゃないか。   スタッフがおすすめしているというよりか、 お客様自身が、 お選びになっているクロスバイクです。   お客様から支持されている、 言い換えれば 愛されているバイク、なのかもしれませんね。   選ばれる理由も、お客様のご意見で、 簡潔にご紹介いたします。   (当店の販売台数から算出しています)   ★第1位 エスケープ RXシリーズ   (理由) バイクがきれいに見える(内装ケーブル)。 カッコイイ! ロングライドにも使える。     ★第2位 Liv エスケープR3wシリーズ   (理由) カワイイ、オシャレ! 色が好き。 XXSサイズがある。     第3位 エスケープ R3シリーズ   (理由) お手頃価格。 5色から選べる。 タイヤがちょっと太めで安心かも。     ■スタッフの意見 通学に使用されるクロスバイクは、 見た目の印象で選ばれるお客様が多いようです。   カラーやスタイルなどが重要で、 性能や仕様はあまり気にされません。   私たちは、スポーツバイクの専門家です。 ですので、つい、 物理的な性能や仕様に目がゆきます。   でも、もっと大切なことは、 自分の感性に合ったバイクかどうか? ということなのでしょう。   愛着がもてるバイクということ、 その気持ちが、メンテナンスや安全運転に、 つながってゆくことと思います。   ご来店お待ちしております。   第1位 エスケープRXシリーズ 第2位 Liv エスケープR3Wシリーズ 第3位 エスケープR3シリーズ     ジャイアントストア高知 YouTube・インスタグラム (プチ情報・プチ動画をチェック) ジャイアントストア高知インスタグラムへ ジャイアントストア高知YouTubeへ (GIANT/Livのバイクに乗って一緒に楽しみましょう)    

2020/02/29

3月の予定(イベント、臨時休業など)

3月は、繁忙期につき、 サイクリング等の企画は、 お休みさせていただきます。   ちょっと寂しいカレンダーですが、  4月後半からゴールデンウィークには、 楽しいイベントを企画できればと思います。 (^_^)  今後ともよろしくお願い申し上げます。