ジャイアントストア前橋

  • ジャイアントストア前橋
  • ジャイアントストア前橋
  • ジャイアントストア前橋
  • ジャイアントストア前橋
  • ジャイアントストア前橋

EVENT / CAMPAIGN イベントキャンペーン情報

STORE NEWS ストアニュース

2018/07/13

2019年モデル先行発表第3弾!CONTENDやTCR等の人気商品がついに登場

おはようございます、スタッフ森田です。   本日、新たな2019年モデルが公開されました! 目玉商品が続々登場しましたので、紹介させていただきます٩( ‘ω’ )و   【CONTENDシリーズ】 「最初の一台」としてデザインされており、価格も抑えめですが 信用性の高いパーツを使用しているコスパの高いアルミロードバイクです。 フロントフォークはカーボン製なので、アルミの弱点である快適性を向上。 前傾も浅いので通勤通学や街乗り、サイクリングと何にでも使いやすい一台です。   CONTEND2    最大限コストを抑えたパーツである8段ギアの「Claris」を使用することで 手の届きやすい価格になったロードバイクです。 サブブレーキレバーがハンドル上部についているので ロードバイクのレバー操作が不安な方にもオススメです。     CONTEND1    Clarisより変速段数が1段多い9段ギアの「SORA」を装備することで CONTEND2からかなりの軽量化もされており、変速もスムーズに決まります。 「この価格帯で迷ったらコレ」とオススメできるGIANTの人気商品です。     【CONTEND SLシリーズ】 CONTENDの設計をベースに各部分の形状をより最適化し フレームの素材を上級アルミ「アラックスSL」にすることでより軽量化。 専用設計のカーボン製シートポストと、チューブレスタイヤで アルミとは思えない快適なライドを実現しています。 CONTENDの何にでも使いやすいオールラウンド性を引き継いだ上で パワーの伝達効率も向上しているので、イベント参加やヒルクライムにも。   CONTEDN SL 2   CONTEND1からもうちょっと頑張ると手が届く絶妙な価格です(‾∀‾) フレームの形状や素材まで一新されているので、CONTENDとかなり違いがあります。 パーツは「SORA」から1段多い10段ギアの「Tiagra」となっており レバーの引きの軽さや変速のスムーズさが更に良くなっています。 定番グレードより良いものにして、他の人と差をつけたい方にオススメ!     CONTEND SL1   コストを抑えつつもレースにまで使える性能を誇る「105」を装備しています。 現在、パーツメーカー「SHIMANO」の中で最高段数の11段ギアなので 今後のカスタマイズを考えている方には上位パーツと互換性のあるこちらがオススメ。 更に、今年105がリニューアルし、上位モデルを彷彿とさせる出来栄えとなりました! ギアが多くCONTEND SLの中で最も軽いので、ヒルクライムでも使いやすい! スタッフも愛用している、イチオシモデルです٩( ‘ω’ )و     CONTEND SL1Disc CONTEND SL1をディスクブレーキ用に設計したモデルです。 GIANT独自に開発した油圧ブレーキを採用しているので 同価格帯のディスクブレーキモデルより高性能なバイクを実現させました。 ディスクブレーキは重量が増してしまうデメリットがありますが 悪天候に強いので突然の雨でも問題なく止まれ、 軽い力でブレーキを掛けられるので長時間乗っていても手が疲れにくいです。 スピードの出るロードバイクに安心して乗りたい方、こちらはいかがでしょうか。     TCRシリーズ クライミングバイクとして設計された「TCR」は軽量さはもちろん パワー伝達効率、コーナリング性能、乗りやすさ等も高水準を実現し 最強の「オールラウンダー」としてプロにも支給されています。 今回発表されたものはエントリーグレードですが その扱いやすさとエントリーグレードとは思えない性能の高さは 長年培ってきたGIANTの技術の集大成でもあります。   TCR SLR2   最上級アルミ「アラックスSLR」を使用した軽量アルミモデルです。 高性能ながら20万円未満で手に入るコスパの良さが売りになります。 カーボンモデル「TCR ADVANCED2」と比較すると乗り心地は若干下がりますが 2018年よりチューブレスタイヤを履くことで快適性を向上。 また、「OVERDRIVE2」という独自の太いフォークコラムを採用しているため 高速でのコーナリングをしやすくなっています。 パーツはリニューアルした「105」を採用しているので、性能も申し分ないです。     TCR ADVANCED2   こちらはカーボンフレームになります。 カーボンの中では一番下のグレードとなりますが、侮ってはいけません。 アルミモデルより衝撃吸収性が良いので乗り心地も快適ですし 体重のあるスタッフが使用していても「全く問題ない」といえる剛性の高さがあります。 最初の一台にオススメなのに、ここまでまとまっているカーボンバイクは類を見ません。 コスト削減のため、フォークコラムを通常の「OVERDRIVE」にしていますが 様々なメーカーのステムが使えるという利点があります。 パーツはアルミモデルと同じくリニューアルした「105」です。 予算が許せば、是非手にしていただきたいオススメバイクです…!     今回は短めにそれぞれの特徴を紹介しました。 後日、改めて詳細な記事を個別にアップしていこうと思いますので よろしくお願いしますm(_ _)m また、いずれのバイクも注文受付は本日より開始となります。 対面販売のみとなりますので、皆様のご来店をお待ちしております。     スタッフ 森田

2018/07/11

2018年モデル店頭在庫のご案内 7/11更新

こんにちは、スタッフ森田です。 2018年モデルもおかげさまで大盛況をいただき 在庫無しとなってしまったモデルがございます。 でも、諦めるのはまだ早いかも!? もしかしたら店頭在庫で持っているお店があるかもしれません。 そんな方に向けて、当店の店頭在庫リストを作成しました。 各カテゴリ毎に分けてありますのでお探しのモデルがある方は是非ご覧ください٩( ‘ω’ )و ※他店への在庫移動、自宅への配送等は行っておりません。  当店での「店頭販売」のみとなります。  また、傷や旧モデル以外による展示品の値引きなども承っておりませんのであらかじめご了承ください。 クロスバイク ・ESCAPE R3 ブラックトーン(S)   ・ESCAPE R3 ブルートーン(M) 店頭在庫終了   ・ESCAPE RX3 ブルー(M) 完売   ・ESCAPE R3 W ブルー(XXS)   ・ESCAPE RX W ホワイト(XXS)   ・GRAMME ブラッドオレンジ(XXS)     MTB ・TALON3 ブラック・ネオンレッド(M)     ロードバイク(アルミ) ・CONTEND2 ブルー(XS)   ・CONTEND1 ブラック(S) 完売   ・CONTEND1 グリーン(S)   ・CONTEND SL2 チャコール(S)   ・CONTEND SL1 Disc マットチャコール(M)   ・TCR SLR2 ブルー(S)   ・AVAIL1 ホワイト(XXS)   ・AVAIL SL1 Disc チャコール(XS)     ロードバイク(カーボン) ・TCR ADVANCED2 ネオンレッド(M) 完売   ・TCR ADVANCED1 KOM カーボン(S)   ・DEFY ADVANCED2 カーボン(S)   ・ PROPEL ADVANCED1 カーボン(S)   ・TCR ADVANCED PRO TEAM(2018) チームカラー(S) (※2018年モデルはリムハイトが30mmです)   ・PROPEL ADVANCED PRO1 カーボン(S) 完売   ・TCR ADVANCED SL MAGLIA ROSA マリアローザ(S)   ・LANGMA ADVANCED2 ブラック(S)   ・LANGMA ADVANCED1 ブラック(XXS) ※傷有り 完売     ミニベロ ・IDIOM0 (2017) ブルー(M) ※旧モデル 完売     YOUTH ・ESCAPE JR 24 ブルー 完売   ・ALIGHT 24 ピンク 以上が当店の店頭在庫となっております。 全て一台限りですので、欲しい方はお早めに!   スタッフ 森田

2018/07/06

ツール・ド・フランス開幕!!

こんにちは、スタッフ森田です。 いよいよ今夜、自転車界最大規模のレース ツール・ド・フランスが開幕です! ロードレースは自転車ならではの面白さがあるスポーツなのですが、まだ見たことのない方も多いと思います。   日本ではあまり馴染みのないスポーツですが、是非見ていただきたいので ツール・ド・フランスについて少し紹介させていただきます。 今のうちに基本を抑えて、この夏はテレビでレース観戦を楽しみましょう!   ツール・ド・フランスは「ステージレース」といって 決められた数のステージを、一日1ステージずつ走っていくレースです。 各ステージの距離は短くて約100km 長いステージでは200km以上をノンストップで走ります。 短いステージは楽…なのかと思いきや 道中山を三つ超えて、最後にはモーターバイクでも悲鳴を上げる山が待っている ようなステージだったり…。   このような過酷なステージを、ツールドフランスでは21ステージ(21日分)走ります。 ・・・(゜Д゜) 聞いただけだと人間業とは思えませんよね。 しかもこの状況で他の選手と競い合いをしているという…。 この過酷さがツールドフランスの肝で 前半頑張りすぎて後半は体調を崩しリタイア…なんてことにもなりかねないのです。   そしてちょっと複雑なのですが、ロードレースにおいての「勝利」は 必ずしも一番にゴールテープを切ることではないんです。 主にロードレースで選手たちが狙っていることを紹介します。   ステージ優勝 各ステージのゴールラインを最初に通過した選手に与えられる賞です。 シンプルで分かりやすいですね。 これを目的とした選手は得意なステージの日に、このステージ優勝を狙います。 ゴールラインを切る瞬間に各々好きなガッツポーズをとるのですが、これを見るのが結構楽しいです。   総合優勝 全ステージの合計タイムが一番早い選手に与えられる賞です。 苦手分野の少ないオールラウンダーがこの賞を狙います。 各チームはこの総合優勝狙いの選手を「エース」とする場合が多く、暫定トップの選手は目印の黄色ジャージを着て走ります。 チームSunwebは「トム・デュムラン」が総合優勝を目指しています。 ツールドフランスの中で最も名誉ある賞とされています。   ポイント賞 全ステージで獲得したスプリントポイントの合計が 最も多い選手に与えられる賞です。 各ステージに設置してあるスプリントポイント用のゲートを通過することで、通過順にスプリントポイントが加算されます。 ゲートは主に平坦部に設置されており、平坦が得意な選手がこの賞を狙います。 ゴールにもスプリントポイントが設定されている場合もあるため、この賞のために平坦ステージの優勝を狙いに行くこともあります。 暫定トップの選手は目印の緑ジャージを着て走ります。 チームSunwebでは「マイケル・マシューズ」がポイント賞を目指しています。   山岳賞 全ステージで獲得した山岳ポイントの合計が、最も多い選手に与えられる賞です。 各ステージに設置してある山岳ポイント用のゲートを通過することで、通過順に山岳ポイントが加算されます。 ゲートは主に山岳部や峠に設置されており、坂が得意な選手がこの賞を狙います。 山の頂上がゴールの場合、ゴールに山岳ポイントが設定されている場合もあるため、この賞のために山岳ステージの優勝を狙いに行くこともあります。 暫定トップの選手は目印の赤い水玉のジャージを着て走ります。   敢闘賞 いわゆる「頑張ったで賞」です。 そのステージで長い時間独走した選手、派手なパフォーマンスをした選手や 人を感動させる走りをした選手などの中から各ステージ1人だけ贈られます。 試合結果とは関係なく、一番目立った選手がもらえる賞です。 狙って獲得できる賞ではありませんが、日本人選手も受賞歴のある賞です!     たくさんありますね…こういったいろんな「勝ち方」があるので、敵同士でも利害が一致すれば協力しあうこともあります。   例:A選手「僕はこのステージで優勝したい」 B選手「僕は総合優勝の為に他の選手よりタイムを縮めたい」 A選手「じゃあゴールまで協力して他の選手と差をつけよう!」 B選手「分かった、ゴールは君が取って良いよ」   こういったやり取りが生まれます。 ここがロードレースの醍醐味であり、他の競技では見られない個性でもあります。 本当はもっといろんな魅力があるのですが今回は「勝ち方」の紹介だけさせていただきます。   一日で熱く語りすぎてしまうととんでもない長さになってしまうので 今回は観戦するときのポイントだけ抑えてみました。 次回は「ロードレースはチーム戦」ということについて 書いていきたいと思います。興味のある方は是非ご覧ください٩( ‘ω’ )و 有料放送にはなりますが、J SPORTSさんで観戦できるので 少しでも興味が湧いた方は是非ロードレースを観てみてください!   スタッフ 森田

2018/07/06

明るさ長持ちで防水ばっちり!新型ライト「RECON HL 500」

こんにちは、スタッフ森田です。   「ジャイアントが良いライトを出すらしい!」 とネットで話題になっていた 「RECON HL 500」が入荷しました!   500ルーメンというかなりの明るさでありながら ジャイアントらしく値段はかなり控えめ。 コンパクトなのでロードバイクにもオススメです٩( ‘ω’ )و   大きさ比較 500円玉3枚半くらいです。   ライトの横には窓があるので横からの視認性もバッチリ。 手に持った感覚もかなり軽くていい感じです!! このコンパクトさでありながらバッテリーは 500ルーメン(外灯の無い所向き)→2時間 300ルーメン(外灯のある所向き)→4時間 100ルーメン(夕暮れ等薄暗い所向き)→10時間 とかなり長持ちになっています。   ブラケットは従来のライト「NUMEN」シリーズに比べて 取り付けと取り外しが「カチッ」としていて安心感が増しました。 ゴムバンドも薄型なので、サブレバー等があっても問題なくつけられそうです。   そしてライトで気になるのは、やはり防水性です。 突然の雨に降られただけで壊れてしまってはたまりません。 このRECONシリーズはそんな状況に負けないよう 製品化に伴ってこのような試験を行いました。 このバラエティ番組の罰ゲームのような水の噴射を3分間も当てられます。 人間でも勘弁してほしい水圧ですが、RECONはこの試験をしっかりクリア。 これなら日常で水によるトラブルはまず心配しなくても大丈夫そうです٩( ‘ω’ )و   そうそう、ライト側のGoProマウントが付属しています! 充電コードもしっかり入っていますので、ご安心ください。 これだけ多機能でありながらカラーバリエーションも豊富です! ブラック、グレー、レッド、ブルーの4色展開! いろんなバイクに合わせやすそうです。   今後、RECONに使用できるこういったアンダーマウント等も入荷します。 お楽しみに!   通勤や通学にはもちろん、スピードの出るロードバイクでも 十分な明るさを確保できるこちらのライトは、多くの方にオススメできる商品です! ですが、人気商品なので在庫の確保が困難になることが予想されます。 売り切れの場合は次回入荷に少しお時間がかかる可能性もありますので 気になる方は是非ご来店ください、実際に点灯させることも可能です。 よろしくお願いしますm(_ _)m

2018/07/06

7/7予定のライドイベント中止のお知らせ

こんにちは、スタッフ森田です。   大変申し訳ございませんが、台風接近による荒天の可能性が高いため 7/7(土)開催予定だったライドイベントは中止とさせていただきます。   楽しみにしていた方、申し訳ございません。 また同じイベントを計画する予定ですので、次回の参加もお待ちしております。   スタッフ 森田

2018/07/05

PROPELにもSunwebカラー登場!限定TCRや新型シューズも紹介!

  なんということでしょう。   SUNWEBカラーの PROPEL ADVANCED PRO DISC が限定40台で販売することが決定しました!!!   仕様は通常のPRO DISCと異なり ワイヤー引きの機械式コンポーネントを装備することで 値段が2018年モデルのPRO DISCに比べて 10万円も下がり、お求めやすくなりました! 注文受付は本日より開始です!限定品なのでお早めに~\(・ω・\     そして、 TCR ADVANCED SLにも待望のSunwebカラーが登場! フレームセットが限定10本で販売となります。 SLなので、これでプロと全く同じフレームを使うことが可能です。 憧れのあの選手と同じバイクに乗れると思うとワクワクしますね٩( ‘ω’ )و フォーク含めて1200gの軽量さと高剛性を両立させたジャイアントの自信作です。     そしてギアにも新商品! 軽量さと独自技術による力の伝達効率、そしてコスパ最強で好評だった ビンディングシューズ「SURGE PRO」がリニューアル!     より幅広になったので、日本人に合いやすくなりました! さらに、こちらの商品にもSunwebカラーがラインナップされています。 値段は変わらないので、好みで選べるのが嬉しいですね。     更に、ボア(締め付け調整のダイヤル)を2つから1つにすることで コストダウンしたモデル「SURGE COMP」も同時発売します。 剛性もレース向きの高剛性ではなく少し控えめなので ロングライド等、一般ユーザーに使いやすく設計されています。 カラーはホワイトとネオンイエローの2色展開!     今回紹介した商品はいずれも本日より注文受付を開始します。 気になる方はお気軽にご来店ください(´v`*     スタッフ 森田

2018/07/04

ESCAPE R3 2019年モデル入荷しました!

こんにちは、スタッフ森田です。   展示用の「ESCAPE R3」2019年モデルが入荷しました! カラーは今年から新登場の「オーシャングリーン」です٩( ‘ω’ )و     海のような爽やかさがこれからの時期にも合いますねΣd(・∀・´) 街乗りや通勤通学、サイクリングまで幅広く使いやすいクロスバイクです。     2019年モデルのESCAPE R3は日本の在庫が充実してきたので ご注文から1~2週間でお渡し出来るものも多いです。 クロスバイクデビューを考えている方は是非ご来店ください。 「どの自転車を選んで良いかわからない…。」 という方にも、バイク選びをスタッフがお手伝いさせていただきますので お気軽にお声かけください。     スタッフ 森田

2018/06/29

2019年モデル一部先行発売決定!

こんにちは、スタッフ森田です。   皆様お待ちかねの2019年モデルが一部発表されました! 先行発表されたモデルとカラーは以下の通りです。 GIANT ESCAPE RX1 ・マットシルバー   ESCAPE RX2 ・ブラック ・イエロー     ESCAPE RX3 ・ブラック ・ブルー ・ホワイト ・レッド       GRAVIER ・カッパーオレンジ ・ダークネイビー ・ティールグリーン     TCX SLR ・ブラック   TCX ADVANCED ←New!! ・ブラック   TCX ADVANCED PRO 2 ・スカイグレイ   TCX ADVANCED PRO 1 ・ブラック   Liv ESCAPE RX W ・パールホワイト ・チャコール     GRAMME ・エメラルド ・バイオレット     BRAVA SLR ・ブラック   LANGMA ADVANCED 2 QOM ・ブラック ・アイスグリーン     LANGMA ADVANCED 1 ・ダークパープル   今回発表されたモデルは以上となります。   注目は新商品のカーボンシクロクロスバイク「TCX ADVANCED」や 「クイーンオブマウンテン」の称号と共に 山向けの軽いギアを手に入れた「LANGMA ADVANCED 2 QOM」です。 盛んになっているシクロクロスやヒルクライムを視野に入れている方に オススメの一台となっております٩( ‘ω’ )و   到着はモデルによって前後するため一か月以上かかる場合もございますが 注文受付けは本日より開始となります! 気になるモデルがある方は、お気軽にご来店ください。     スタッフ 森田  

2018/06/24

【中止】初級者向けライドイベント開催します\(^^)

こんにちは、スタッフ森田です。 今回はライドイベントのお知らせです。 初級者向けの25kmほどのコースを企画しました٩( ‘ω’ )و 速度も時速20km程なので、クロスバイクでもOK! 桐生方面にある、スタッフおすすめの パン屋さんまで向かいます。 お昼ごはんを頂いたら、上毛電鉄で中央前橋駅まで帰りましょう。 土日は終日、自転車をそのまま乗せられます! 輪行袋に入れなくてもいいのが嬉しいですね(´v` ) イベントの詳細はこちらです↓ ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ 日程    7/7(土) AM 8:30集合 14:00頃解散予定 集合場所 ジャイアントストア前橋 距離   約25km 人数   先着5名(予約制) 参加条件 当店で自転車を購入された方+その身内の方 参加料金 無料(昼食代、電車代をご持参ください) 持ち物  身分証明書 飲み物 サングラス(持っていれば) 予約制となっておりますので、7/6(金)までに店頭かお電話でご予約をお願いします。 安全のため、ヘルメットは必ず被っていただきます。(ない方にはレンタル可) また、気温が高くなることが予想されますので、必ず飲み物をお持ちください。 サングラスもあると便利です。雨天の場合は中止となります。 自走で帰宅される方は、お気をつけてお帰り下さい。 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ その他に気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 皆様のご参加、お待ちしておりますm(_ _)m     スタッフ 森田

2018/06/20

初めてのMTBを検討中の方にオススメ「TALON3」

こんにちは、スタッフ森田です。 最近はMTBに興味が出てきました。 今まではいじるだけで自分のMTBは持っていなかったのですが 道なき道を走る楽しさはロードバイクでは味わえないので 新しい楽しみ方が体感できそうです(・▽・* 恐らく、同じように林道ツーリングなどを してみたいと思っている方も多いかと思います。 こんな道や こんな所も走ってみたくなりませんか? でも、MTBってなんだか「高そう」なイメージがあると思います。 しかし、実は競技用でなければ、かなり遊べるMTBが お手頃価格で手に入るんです! そこで、今回は初めてのMTBにオススメな一台を紹介します! TALON3 見た目からは本格的なMTBの風格が漂っていますし 実際にダートな道を走って遊ぶこともできるMTBなのですが なんとこれでエントリーグレードなのです! もちろん、パーツのグレード等は落としてコストダウンをしていますが 要点はしっかり抑えた構成なので、紹介していきます。 【フロントサスペンション】   MTBには欠かせないフロントサスペンションには ロック機能がしっかり搭載! 平坦を走る時などはサスペンションをロックすることで 踏み込む力を逃がさず、走りやすくなります。 【27.5インチのブロックタイヤ】 ダートな道を走るにはブロックタイヤが必要です。 もちろん、TALONも装備しています。 タイヤ径は現在主流の27.5インチというバランスの良い大きさですし 横幅約5.7cm(ロードバイクの二倍以上!)なので安定感抜群です。 【油圧式ディスクブレーキ】   ロードバイクにも勢力を拡大しつつあるディスクブレーキ。 街乗り用以外のMTBにはかなりの制動力が必要となるので 従来のリムを挟み込んで止めるタイプのブレーキでは心許無いです。 また、水溜まりや泥の中を走っても制動力の落ちづらい ディスクブレーキはもはやMTBには必需品となりました。 この価格帯ではワイヤー引き(制動力が劣る)が多いのですが TALONには制動力の高い油圧式ディスクブレーキを採用。 軽いタッチでブレーキが効くので長時間乗っても疲れにくいです。   これだけの機能が揃っていながら値段はかなり抑えめなので これからMTBデビューをお考えの方には、オススメの一台です。 当店にもMサイズが展示してありますので 興味のある方は是非ご来店ください。 お待ちしておりますm(_ _)m     スタッフ 森田