ジャイアントストア松江

»トップへ

【知識】こんな状況下の中でサイクリストが気を付けておくべきこと!2020年5月6日

皆さん、こんにちは!

スタッフ麻生です。

 

新型コロナウイルス対策により、

今年のGWは外出自粛の呼びかけも強まり

【がまん(我慢)ウイーク】

ともいわれていましたが…

 

運動不足の心配も

高まってきているのも事実…

 

こんな時こそ、運動不足を防いで

心身の健康を保つためのサイクリングに

改めて注目していただければと思います!

 

 

【国は適度な運動を推奨しています】

「スポーツ庁と文部科学省と文化庁の銘板」の写真

「家の中にこもりきりだと、

メンタルヘルスにも害が及ぶ可能性がある」

 

「感染のリスクがない環境での運動、

ジョギングのような活動は行っても問題ない」

 

という見解を国は示しています。

 

 

ここで言う

「感染のリスクがない環境」とは、

3密のイラスト(重なった表)

「三密(密閉、密集、密接)を

可能な限り避けること」

と、いう意味です。

 

 

そうなると

開けた道路空間を走行するサイクリングは、

 

単独で止まらずに走っている分

限りなく三密を避けた運動といえますよね!

 

 

【サイクリストが気を付けるべき点とは?】

ちなみに…

 

運動不足を防ぐためのサイクリングを行う際

徹底すべきこととして、

国によるガイドラインは示されていません。

 

では私たちサイクリストは、

何を気にして、どう気を付けて

サイクリングしていけばいいのか?

 

気を付けていくべき点をまとめてみましたので

ご紹介していきましょう!

 

 

①ソーシャルディスタンスの確保

ソーシャルディスタンスのイラスト

小池都知事の発言が

ちょっと話題を呼んでますよね(笑)

 

自分と他者との物理的な距離

(ソーシャルディスタンス(1.8m)を確保して、

他者との接触を極力避けるようにしましょう。

 

このソーシャルディスタンスにより、

感染しない・感染させない予防ができます。

 

 

②単独走行する

サイクリングのイラスト(男性)

感染しないではなく、

感染させない意識を持つことが大事です。

 

グループ走行より、今は単独走行を!

 

仲間と走りたい気持ちは、誰もが思うことです。

収束したら、思う存分

仲間たちと一緒に走ればいいじゃないか!

 

これから先も

一緒に走りたいからこそ、今は我慢です。

 

 

③適度な負荷で

高負荷でのサイクリングは体力の低下、

免疫力の低下、そして事故のリスクに繋がります。

 

無理をせず、ペース配分を考えながら

ストレスフリーで走行しましょう!

 

 

④医療機関への負担を抑える

ウイルスと戦う人のイラスト(白衣の男性)

現在、医療機関は危機的状況にあります。

 

お医者さん、看護師さんともに

従来の診療や対応に加え、

コロナによる対応等で身体的にも精神的にも

過労が重なっています。

 

サイクリング中のケガにより

医療機関に負担をかけることは絶対に避けましょう!

 

 

⑤室内で走る

サイクルトレーナーを使用して

室内で走ることは、一番安全であると言えます。

(室内の喚起は忘れずにね)

 

しかし正直な話、外で走るに勝るものは

やっぱりないように思いますが…(笑)

 

安全を考えれば、

一番はお家の中で走ることですね。

 

 

人が集まりやすいコースや空間を避ける

クラスター感染のイラスト

 

他の人と接触しないよう、

歩行者やサイクリストが集まりやすい

サイクリングロードや、

 

人がいる歩道(自転車歩行者道)など、

人が集まりやすいコースや空間は

できるだけ避けるようにしましょう!

 

 

⑦他者のスリップストリームにも気を付ける

カップルでサイクリングをしているイラスト

単独でサイクリングをしていても、

信号待ちなどでは

他のサイクリストに出会うことがあると思います。

 

その場合は、

できるだけ他のサイクリストから距離をあけ、

前方のサイクリストと

同じ列になることを避けて走行するようにしましょう。

 

 

【ひとりひとりの意識・判断が大切】

 

以上、運動不足を防ぐためのサイクリングで

気を付けていくべき点を一覧にしてみましたが、

 

根本的に大事なことはひとりひとりが

「感染しない・感染させない意識」

を、強く持つことです。

 

自粛は必要だけど、

家に引きこもってばかりいたら

気がおかしくなりそうにもなりますよね…

 

せっかく自転車という相棒がいるのだから

人との接触を極力避けるようにしながら

 

サイクリングを楽しんで

ストレス発散していただければと思います。

 

新型コロナウイルスの感染状況は

地域によって異なります。

 

都会に比べたら、

山陰は感染者が少ないかもしれないけど

 

感染しない・感染させない取り組みは

どこに住んでいようと、

国民一人一人が常に

意識を持っていなければなりません。

 

それぞれに置かれた状況を踏まえた上で、

サイクリングを愛するひとりをとして、

正しい判断と責任を持って

行動していきましょう!

 

 

スタッフ:麻生


ジャイアントストア松江

島根県松江市中原町31-4
TEL: 0852-61-3196 定休日:火曜

【3-11月】9:00 ~ 20:00
【12-2月】9:00 ~ 19:00

————————————–
★ ジャイアントストア松江では
Facebookでも情報を発信しています 
————————————– 

普段ブログではお伝えしきれない
日常のサイクリングの模様や

走行イベントのご案内
新商品の入荷情報などなど!

下記からジャイアントストア松江のページに
「いいね!」をお願い致します!

ジャイアントストア松江 【 Facebook 】