ジャイアントストア松江

»トップへ

【パーツ】SPDとSPD-SL…結局どっちがいいの?2018年7月12日

前回のビンディングシューズについての記事からだい~ぶ間があいてしまいました!(スミマセン)

(ご覧になっていない方はこちら←をクリック!)

 

さっそく続きといきまして、ペダルの種類についてのお話をしていきましょう~~~

 

シューズ編では、

ペダルの種類によって使えるシューズが異なるとお話しました!

 

ロード用のペダル、MTB用のペダルがあって、

靴もさまざまロード用とMTB用があるということですね。

 

ペダルが決まってから靴なのか、はたまた靴のデザインが決まってからペダルなのか…。

決めやすいのは、まずペダルを決めてしまってから靴を選んだ方が、ジャンルが絞れるし選びやすくはなります。

 

では、今回はSHIANO(シマノ)ペダルシリーズでご案内していきます!

早速見ていきましょう(^^)/

 

■ロード用ペダル(SPD-SL)

SPD-SLはロードバイクなどで使われることが多いビンディングペダル!

↑シューズとペダルを結合する部分のクリートが大きいのが特徴です。

SPD-SLは大きなクリートにより、広い面積でペダルを踏み込んでいくことになるので

力の伝達がダイレクト、且つロスが少なくなります。

スピードや距離、効率よくペダリングをしたい方におすすめです(#^.^#)

 

■MTB用ペダル(SPD)

MTB用とは言いつつも、ロードバイクにも使えるペダルです(^^)/

↑SPDはSPD-SLと比べてクリートが小さく、シューズの見た目も普通の靴に近くなります。

SPDはお手軽で簡単に付け外しが出来るため、ビンディングベダルの初心者でも導入しやすいです

実際にビンディングペダルに慣れる練習用として最初にSPDを使用する人も多いと思います。

 

『スピードや距離はそんなに・・・だけど楽に漕ぎたいな(´・ω・`)』という方はおすすめです!

 

ちなみに、わたしはロード用ペダルを使用しています(´▽`)

ペダリング伝達力が最高によき~~~~~~~~~~~♪

明らかに、フラット(普通のペダル)よりも楽に早く漕げるようになりました!

 

さ、梅雨も明けたことだし!

スポーツバイクに慣れてきたら・・・ビンディングへチャレンジ!

どんどんステップアップしていきましょう٩( ”ω” )و

 

ジャイアントストア松江:麻生