ジャイアントストア名古屋

»トップへ

ESCAPEシリーズのサイズについて2022年11月5日

スポーツバイクのご購入にあたり、疑問に思われることのひとつに「サイズ」があるかと思います。
一般的な自転車は車輪サイズによって、26インチや27インチなどと表現されますが、
スポーツバイクでは、フレームサイズで表記されます。
まずは身長を目安におおよそのサイズを絞り込んでいきます。下記をご覧ください。

=============================

【ESCAPE R3 サイズ表】

・365(XXS)  140〜160cm
・430(XS)   155〜170cm
・465(S)   160〜175cm
・500(M)   170〜185cm

=============================

サイズ表の左の数値はフレームサイズです。
ジャイアントはシートチューブ(画像のAの部分)の長さを基準にしています。
サイズ表の右の数値は適応身長目安です。
例えば、175cmの方ですと、SサイズかMサイズのどちらかになります。

「では結局どちらのサイズがいいの?」となりますよね。
ここまではあくまで身長を目安に算出したサイズ。
同じ身長の方でも、腕の長さや体格は人それぞれ。
身長と股下を計測しm独自のシステムでサイズ出しを行ったり、
実際に跨いだり、試乗したりしてサイズを決めていきます。


身長175cm、股下82cmのスタッフはどのサイズが適正なのか、
画像とともに確認していきましょう。

 

ESCAPE R3(DISC)にまたがってみました。
白色の車体はSサイズ、青色の車体はMサイズです。

 

【①乗車姿勢】

 

サドルに座った状態での乗車姿勢です。
Sサイズ、Mサイズの車体ともに違和感のない乗車姿勢がとれています。


赤色の車体はXSサイズ。
体格に対してサドルとハンドルの距離が近いため、少し窮屈な乗車姿勢になっています。

このように窮屈であったり逆に遠すぎる場合はハンドル操作に影響がでたり、
適正な乗車姿勢でないため身体への負担が大きく、身体を痛めてしまう恐れがあります。

 

【②スタンドオーバーハイト】

 

スタンドオーバーハイトとは、地面からトップチューブ上面の高さのことです。
サドルから降り、フレームにまたがった時に身体(股下)とフレームの間に余裕があるかの確認が必要です。

白色の車体(Sサイズ)では余裕がありますが、
青色の車体(Mサイズ)だと余裕がなく、足着きが不安定になり、
信号待ちや乗り降りの際にバランスを崩して転倒してしまう恐れがあります。

以上を踏まえるとSサイズが適正と言えます。

こんな風にサイズを選んでいきます。
自転車ご購入時の参考になれば幸いです。

 

今回はジャイアントモデル「ESCAPE R3」でのサイズ紹介でした。
車種によって、また女性専用設計のLivモデルでは、多少サイズ感が異なりますため、
ご不明な点はお気軽にご相談ください。

皆様のお気に入りの1台が見つかりますように。

 


―ジャイアントストア名古屋ではFacebookInstagramでも情報を発信しています―

普段ブログではお伝えしきれない、日常のサイクリングの記事や、
走行イベントのご案内、新商品の入荷情報などを発信しています。
下記URLからジャイアントストア名古屋のページに「いいね!」をおねがいします!

Facebook
https://www.facebook.com/giantstore.nagoya

instagram
ジャイアントストア名古屋(@giant_store_nagoya)