ジャイアントストア堺

  • ジャイアントストア堺
  • ジャイアントストア堺
  • ジャイアントストア堺
  • ジャイアントストア堺
  • ジャイアントストア堺

EVENT / CAMPAIGN イベントキャンペーン情報

STORE NEWS ストアニュース

2020/10/26

【店舗駐車場のご案内】

いつもジャイアントストア堺をご利用いただきましてありがとうございます。 当店の駐車場のご案内でございます。 店舗右横の道を進んでいただくと、(当店と美容室のPARIS様の間の通りです。)   左側にコインパーキングがあります。入り口はこちらになります。 入り口を進んで頂きましたらすぐ左側にある白枠の1番と2番 が当店の駐車場となります。 満車の際は向かい側、コインパーキング(5台)もしくは近隣のコインパーキングをご利用ください。 (※こちらは有料です。)   皆さまのご来店を心よりお待ちいたしております。 ------------------------------------------- ―ジャイアント/リブストア堺ではFacebookやInstagramでも情報を発信しています― 普段ブログではお伝えしきれない、日常のサイクリングの記事であったり 走行イベントのご案内、新商品の入荷情報など 下記URLからジャイアント/リブストア堺のページに「いいね!」をお願いいたします。   FACEBOOK:https://www.facebook.com/giantstore.sakai/ Instagram:https://www.instagram.com/giant_store_sakai/

2022/06/24

【20%オフ】オーバーホールキャンペーン開催

ジャイアントストア堺では6/24(金)より7/24(日)までの期間中、 オーバーホールが20%オフで受けられるキャンペーンを開催いたします。 詳細は下記のチラシをご覧くださいませ。 オーバーホールの内容に関して⇩ https://giant-store.jp/maintenance/#service_title_02                 ※堺店ではGIANT/Livのバイクのみ受け付けております。 他ブランドのバイクはお受けしておりませんので予めご了承くださいませ。 ※また店舗にて取り扱いのないブランドのコンポーネント/ホイールに関しましても作業をお断りさせていただきます。   オーバーホールと同時にオススメなのが和光ケミカルの「バリアスコートリキッド」を使用したハードコーティングです。 ・新車購入時 ¥5,000(税込) ・オーバーホール時 ¥8,000(税込)※車体の汚れ除去含む 「硬化型ハードコーティング」といって、撥水、保護、超光沢効果が約1年程度得られます。 日々のメンテンナスも同社の「バリアスコート」で定期的に拭き上げるだけという簡単メンテナンス。 キャンペーンでお得になった分こちらも是非お試しください。   その他、内容に関してのご不明点ございましたら店頭もしくはお電話にてご確認くださいませ。 皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。 ―ジャイアント/リブストア堺ではFacebookやInstagramでも情報を発信しています― 普段ブログではお伝えしきれない、日常のサイクリングの記事であったり 走行イベントのご案内、新商品の入荷情報など 下記URLからジャイアント/リブストア堺のページに「いいね!」をお願いいたします。 FACEBOOK:https://www.facebook.com/giantstore.sakai/ Instagram:https://www.instagram.com/giant_store_sakai/    

2022/06/22

【E-BIKE紹介】~走る楽しさもっと広がる~ ESCAPE R E+

こんにちは堺店西田です。   本日GIANT JAPANのYOUTUBEチャンネルに新型E-BIKEのESCAPE R E+プロモーション動画が公開されました。 ぜひご覧いただき、堺店で試乗体験をしてみませんか? ■プロモーション動画リンク 皆さんのE-BIKE(電動自転車)のイメージってどんなイメージでしょうか?   ママチャリ? 年配の方が乗る乗り物? 子供乗せや、荷物の多い人向け?   たしかに日本で電動自転車と表現するとまだそのようなイメージに捉えられがちですが、 このESCAPE R E+をはじめ、GIANTのE-BIKEシリーズはそれとは大きく違うものです。 それではどのような違いがあるのでしょうか? 大きく下の4項目に分けて違いを比べていきましょう。   1.フレーム まずシティタイプの電動自転車とは大きな違いにフレームの作りがあります。 電動自転車は基本設計がママチャリなので長距離に向いた設計にはなっておらず、 近距離を楽に走行できるようにハンドル位置は近くて高い位置にあり、ほとんど前傾姿勢にならない設計となっています。 ハンドルが近くて高いと短時間は楽なのですが、お尻への荷重が大きく上半身の力が使いづらいためスピードが出しづらくなります。 対してE-BIEKとはスポーツ走行を前提に設計されていますので、ハンドル位置は少し遠くやや低い位置にあります。 これにより前傾姿勢がとりやすくなり、力が入れやすくスピードを維持し長時間走行しやすくなります。 また風の抵抗も減らす事が出来ます。 そしてフレームは最新のテクノロジーを駆使して製造されているALLUXフレームやOVERDRIVEフロントフォークです。 モーターのパワーをしっかりと受け止めグイグイ進む印象につなげてくれますし、航続距離にも影響を与えます。 ALLUXフレームとは? OVERDRIVEとは?   最後に身長や手足の長さに合わせて選べるフレームサイズの存在です。 電動自転車は主に24,26,27インチなど車輪の大きさでサイズを選びますが、 E-BIKEは車輪のサイズは全て同じで、フレームの大きさを2~4種類(車種により異なる)から選択する事が出来ます。 より自身に合ったサイズの自転車に乗ることは長時間のサイクリングにはとても重要なことです。 サドルの高さだけでなく、サドル~ハンドル間、ハンドル高、サドル前後位置など他にもたくさんの調整が出来ます。 このフィッティングと呼ばれる調整をフレームサイズから選択できることが大きな違いです。 フィッティングとは?   2.バッテリー 次にバッテリーです。 GIANTのE-BIEKに搭載されるバッテリーはPanasonic製のリチウムイオンバッテリー。 容量は36V-11.3Ah(400Wh)と36V-13.8Ah(500Wh)の2種類。 距離換算で約75~205km(※モデルにより異なる)程度走行可能な国内最大容量のバッテリーです。 電動自転車と比べて容量の大きなバッテリーが標準で搭載されています。 (※バッテリーは他メーカーやモデルによって大きく異なりすべてのE-BIKEがそうではありません。様々なコンセプトのE-BIKEが販売されています。)   また容量だけではなく見た目も非常にスッキリしているのも特徴です。 (上位モデルのFASTROAD E+などは500Whのバッテリーでさらに小型のバッテリーを採用しています。) デザインの良さもバイク選びの非常に大きなポイントとなります。   3.モーター モーターはGIANTとYAMAHAの共同開発した「SyncDrive Motor」。 パワフルなアシストと静粛性、そしてモデルに合わせた細かな設定がされています。 また様々な状況に合わせて最適なアシストをするために、センサーの数を大幅に増やした設計となっています。 ESCAPE R E+に採用される「SyncDrive Core Motor」は最大トルク50Nm、最大ケイデンス100rpm 上位モデルの「SyncDrive Sport Motor」は最大トルク70Nm、最大ケイデンス140rpmとなっています。 トルクが大きいと単純にパワフルになり、ケイデンスが高いとペダルを軽いギア比で高回転させても安定したアシストが行えます。 アップダウンの大きなルートを走行する際にはこの性能が大きくかかわってきます。   4.その他 サイクリング用途に開発されたE-BIKEには豊富な種類が存在します。 ROAD、CROSS、MTB。 それぞれスルーアクスル規格のディスクブレーキが標準採用、チューブレスタイヤ対応モデル、そしてモデルに合わせた最新のスポーツバイクのコンポーネントが採用されています。 特におすすめなのがチューブレスタイヤへの交換。 パンクした際に多少重量のあるE-BIKEのチューブ交換はサイクリング中だとなかなか大変。 チューブレスタイヤにすることでそもそも万が一のパンクリスクが大幅に減り、乗り心地も向上します。 さらにもしパンクしてもホイールやタイヤを外さずにシーラントや、専用キットでのパンク修理が可能で大半がそれで復帰できると思います。   5.~走る楽しさ、もっと広がる~ それはきっとこういうことなのかなと思います。 E-BIKEはビギナーからエキスパートまで誰でも楽しめる特別なBIKE。     一番は体力に自信のないビギナーや、女性、体力が落ちてきて昔よくサイクリングした峠や山に気楽にサイクリングをして景色を楽しんでみたい。 そんな方におすすめなのかもしれませんが、普段ロードバイクやクロスバイクに乗っている人にも是非お勧めしたいと思っています。 私自身、以前E-BIKEでしまなみ海道をサイクリングした際にE-BIKEに対する印象がとても変わったのを覚えています。 適度に運動になって、負荷が低いため長時間サイクリングを楽しむ事が出来ますがしっかりと汗もかきますし、フィットネスには意外と効果が高く感じます。 続けられないと意味がありませんので、このE-BIKEなら自分に合わせたサイクリングが楽しめて色んな楽しみが増えるのかなと思いました。 また息をあげて坂道を登りきった後の達成感も楽しいですが、景色を楽しみながらのそれもまた良いものです。 いつものコースもきっと違った景色が見えるのではないでしょうか?     最後にもう一度、是非お店で試乗を体験してみてくださいませ。 皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。 ―ジャイアント/リブストア堺ではFacebookやInstagramでも情報を発信しています― 普段ブログではお伝えしきれない、日常のサイクリングの記事であったり 走行イベントのご案内、新商品の入荷情報など 下記URLからジャイアント/リブストア堺のページに「いいね!」をお願いいたします。 FACEBOOK:https://www.facebook.com/giantstore.sakai/ Instagram:https://www.instagram.com/giant_store_sakai/

2022/06/15

6月☔臨時休業のご案内

日頃よりジャイアント/リブストア堺をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 6月の臨時休業日について下記の通りご案内いたします。   ・6月27日(月)      臨時休業 ・6月28日(火)      定休日 ・6月29日(水)          通常営業   ご不便をおかけ致しますが、何卒ご了承下さいますようお願申し上げます。 その他、ご質問・ご不明点などございましたらお気軽にお申しつけください。 皆さまのご来店を心よりお待ちいたしております。 ------------------------------------------- ―ジャイアント/リブストア堺ではFacebookやInstagramでも情報を発信しています― 普段ブログではお伝えしきれない、日常のサイクリングの記事であったり 走行イベントのご案内、新商品の入荷情報など 下記URLからジャイアント/リブストア堺のページに「いいね!」をお願いいたします。 FACEBOOK:https://www.facebook.com/giantstore.sakai/ Instagram:https://www.instagram.com/giant_store_sakai/

2022/06/11

【バイク紹介】エントリーロードバイク「CONTEND」

こんにちは堺店西田です。 本日はエントリーロードバイク「CONTEND」※コンテンドをご紹介いたします。 (※写真はCONTEND 1 2022モデル) CONTENDシリーズは2017よりラインナップに登場した入門アルミロードバイクです。 当時の「TCR」の反応の良い俊敏さと「DEFY」のアップライトな乗車姿勢や快適性をうまくミックスさせたロードバイクです。 そこからさらに進化した「CONTEND」は2020にモデルチェンジを行いました。 残念ながらその際にSLグレードが終了となりましたので現在はALUXXグレードのみの展開となります。 「TCR」の反応の良さを再現するためにチェーンステイ長は「DEFY」の420㎜より短く412㎜。※TCR 405㎜ 快適性向上の為、シートステイの溶接位置をトップチューブのやや下で溶接するオフセットシートステイを採用。 そしてシートピラー、シートチューブにはGIANTのテクノロジーである「D-FUSE」※ディーフューズを採用。 CONTEND1,2ともにアルミ製のシートピラーを採用し、上位モデルのCONTEND 0のみカーボン製を採用。 「D-FUSE SEATPOST」とは・・・ 後端が直線的な「D」型断面形状のシートポスト。縦方向にはしなり易く、相対的に横方向の剛性感が高まるため、快適かつ素直な乗り味を実現。カーボンとアルミが、バイクの特性に合わせてアッセンブルされる。 BBはプレスフィットではなくスレッドタイプを採用。 BB DROPは75㎜(XLのみ70㎜※DEFYも同じ。)となっておりTCRの70㎜と比較して数値が大きく、安定性を重視した設計となっています。   ワイヤーはほとんどの部分を内装化しており見た目もスッキリ。 リアブレーキワイヤーはトップチューブ内を通ります。 シフトワイヤーもヘッドチューブからダウンチューブ内を通っています。 露出しているのはチェーンステー下のリアシフトワイヤーのみとなります。 タイヤサイズは最大28cまで対応いたします。 ※写真では25cに変更しております。 ヘッドチューブ、フロントフォークにも「OVERDRIVE」という特別な技術が用いられています。 「OVERDRIVE」とは・・・ GIANT独自の上下異径テーパー形状ステアリングチューブ(コラム)規格。コラム上側は一般的な1-1/8インチ径だが、下側はロードが1-1/4インチ径、マウンテンが1-1/2インチ径となり、対応するヘッドセットベアリングを採用する。 説明の通りフロントフォークのステアリングが上下異径となっており、これによって剛性が高くなります。 ということは、力のかかる主にコーナリングでのハンドリングに安定感が増すということですね。 もちろんベアリングのサイズもこのように違うサイズとなります。 ヘッド上から。 ヘッド下から。 フレーム内部もきれいに加工されています。 ちなみにフロントフォークは先端のエンド部分を除いてコラム、ブレードともにフルカーボン製。 計量かつ、振動吸収性に優れ、見た目も滑らかなで溶接痕がなく非常にきれいです。 ちなみに、フロントフォークの重量は415g。 フレーム単体は1300g。(ハンガーあり) 余談ですが過去に生産しておりましたTCR SLRという超軽量アルミフレームを採用したモデルがフレーム単体960gでした。 さて改めてCONTENDシリーズをご紹介いたしましたがエントリーアルミロードといってもGIANT独自の技術が随所に施されており、やはりどのクラスもGIANTのコストパフォーマンスは素晴らしいということがご理解いただけたのではないでしょうか? ぜひアルミロードをご検討される際にはCONTENDシリーズをチェックお願いいたします。 皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。   ―ジャイアント/リブストア堺ではFacebookやInstagramでも情報を発信しています― 普段ブログではお伝えしきれない、日常のサイクリングの記事であったり 走行イベントのご案内、新商品の入荷情報など 下記URLからジャイアント/リブストア堺のページに「いいね!」をお願いいたします。 FACEBOOK:https://www.facebook.com/giantstore.sakai/ Instagram:https://www.instagram.com/giant_store_sakai/  

2022/06/09

【PA紹介】ボトルケージ(ドリンクホルダー)の種類と選び方 その2

こんにちは堺店西田です。 前回の【PA紹介】ボトルケージ(ドリンクホルダー)の種類と選び方 その1  に続いてボトルケージ紹介記事その2です。   こちらはTOPEAKのモジュラーケージⅡでございます。 ■モジュラーケージ¥1430(税込) 自転車の総合パーツブランドとして超有名なTOPEAK(トピーク)ですが、ボトルケージもいろいろな種類がある中このボトルケージはボトルに合わせてケージ幅の調節が可能なモデルとなっています。 と言うのも実は、ドリンクボトルの外径というのは基本的に74㎜となっています。 ですがペットボトルや魔法瓶は様々なサイズがありますね。 そんな時に便利なのがこのモジュラーケージシリーズのようなサイズ調整が可能なボトルケージです。 (GIANTからもサイズ調整可能なケージが過去販売されましたが現在は廃盤) 調整は丸いダイヤルのような部分を回すか、底の四角い部分を押しながらケージを動かすだけです。 これが、 こうなります。   また、バイクには基本的にケージの取付台座が1つ以上はついており、ほとんどの場合が2つ以上ついています。 (後述しますが、GIANTのバイクにもボトルケージ台座がない自転車も一部存在いたします。) 1つはスタンダードなボトルケージを取り付けて、もう一方にサイズ調整式を取り付ける方も多いですね。 つづいてはバイクにボトルケージ台座が無い(写真はLivのE-BIKE XXSサイズ)場合や、 同じく(20インチ以下のキッズバイク)、 そしてフレームバッグやフレームに鍵を取り付けしていてスペースが無いor狭い場合。 または取り出しやすい位置にドリンクを置きたい方。 とにかくたくさん荷物を運びたい方など。 ここで活躍するのがこちら。 ■H2PRO POUCH BAG ¥4,400 (税込) ハンドル、ステム、ヘッドにベルクロとストラップで固定して、ドリンクだけでなく様々な小物を収納することが可能な多用途ハンドルバッグです。 生地は高強度、防水、軽量なGIANT独自の「H2Tex 3層防水生地」を採用しております。 サイド部分にはメッシュポケットがあり、細かい小物も分かりやすく取り出しやすい工夫がされています。 底には水抜き穴と、落下防止のストラップがございます。 ハンドルの左右どちらでも取り付け可能です。 それに取り外しが工具不要なのも大きなポイントですね。 ちなみにハンドルにボトルケージを取り付ける方法がもう一つあります。 ■HANDLEBAR WATER BOTTLE CAGE MOUNT ¥660 (税込) こちらの商品を使えばハンドルに設置すればボトルケージをマウント可能になります。   最後はこちら。 ■GATEWAY 6MM ¥715 (税込) とにかく値段でしょ?って方や、クラシックなデザインのバイクに似合うアルミ製のシンプルデザインなケージです。   さて、まだ自分のバイクにボトルケージを付けていない方はこちらの記事を参考に自分に合ったケージを見つけていただければと思います。 ボトルケージの取り付けをストアに依頼する場合は¥550(税込)で承っておりますが、ボルトで固定するだけではありますので4㎜か5㎜の六角レンチがございましたらどなたでも簡単にお取付できるかと思います。 以上ボトルケージの種類やバイクに合った選び方などをご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか? ボトルケージ選びの参考になれば幸いでございます。 皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。 ―ジャイアント/リブストア堺ではFacebookやInstagramでも情報を発信しています― 普段ブログではお伝えしきれない、日常のサイクリングの記事であったり 走行イベントのご案内、新商品の入荷情報など 下記URLからジャイアント/リブストア堺のページに「いいね!」をお願いいたします。 FACEBOOK:https://www.facebook.com/giantstore.sakai/ Instagram:https://www.instagram.com/giant_store_sakai/

2022/06/08

【PA紹介】ボトルケージ(ドリンクホルダー)の種類と選び方 その1

こんにちはジャイアントストア堺の西田です。 本日は前回ご紹介いたしました「ドリンクボトル」につづいて、「ボトルケージ(ドリンクホルダー)」をご紹介いたします。   さて、GIANT製のボトルケージにもいろんな種類がございますが違いをご存じでしょうか? まずスタンダードなモデルからご紹介いたしましょう。 ■AIRWAY SPORT (MATTE) ¥1,320 (税込) こちらがナイロン素材の41gと軽量なスタンダードな形状のボトルケージとなります。 カラーも豊富で、GIANTのロゴがバイクをよりカッコよくしてくれるデザインですね。 ■AIRWAY COMPOSITE¥2,200 (税込) こちらは上記モデルと同デザインではありますが値段が少し高くなっています。 その違いは素材がカーボンとなり重量も31g、ナイロン製と比べ10g軽量となるからですね。 また、価格が高いといっても他社のカーボン製ボトルケージと比較すれば意外とお手頃かもしれません。 軽さにこだわるライダーにお勧めです。 つづいて、 ■AIRWAY SPORT SIDEPULL (2022)¥1,320 (税込) こちらはMTBや小柄なライダー向けのスモールサイズのフレームなど、ボトルを上部から出し入れしづらいバイクに最適な再度プルタイプのケージです。 同じサイドプルシリーズでは他にも下記のような製品がございます。 何やらケージの底に付いていますね。 これは実は、、、 携帯ツールなんですね。 取り出すとこのようなツールが内蔵されていました。 ■AIRWAY SPORT SIDEPULL R CLUTCH12¥7,150 (税込) ツールがボトルケージに設置されていれば忘れる心配も減って、バイクに余分な収納を増やす必要も減ります。 MTBなどの激しいライドではバッグが吹っ飛ぶこともありますのでこれなら安心ですね。 (ツールをスマートに収納する目的のCLUTCHシリーズは他にも数種類ございます。) ・クランク収納タイプ ・フォークコラム収納タイプ ・ハンドルバー内収納タイプ ツールの機能も充分な内容となっています。 ※T25/2/2.5/3/4/5/6/8/0・2番ニップル回し/チェーンカッター/バルブコアツール(チェーンカッターの先端部を使用) ■AIRWAY DUAL ¥1,760 (税込) こちらもサイドプルタイプですが、特別な機能があるようです。 よく見ると下の支えが上下入れ替え可能となっています。 要するに、出し入れする方向を右と左でいつでも入れ替えが可能になっているということですね。 例えば、ダウンチューブとシートチューブでは同じ製品を取り付けると取り出し方向が変わってしまうのでシートチューブに左出しのケージを取り付ける場合は右出し用を取り付けるのですが、このケージならそんな心配はいりませんね。 さて、ここまでいかがでしょうか? GIANTだけでもたくさんの種類があります。   少し長くなりましたので「ボトルケージ」の記事を2回に分けてご紹介したいと思います。 それでは次にご紹介予定の商品をちら見せして今回はお終いです。 次回は「ボトルケージ」その2をご紹介いたします。 皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。 ―ジャイアント/リブストア堺ではFacebookやInstagramでも情報を発信しています― 普段ブログではお伝えしきれない、日常のサイクリングの記事であったり 走行イベントのご案内、新商品の入荷情報など 下記URLからジャイアント/リブストア堺のページに「いいね!」をお願いいたします。 FACEBOOK:https://www.facebook.com/giantstore.sakai/ Instagram:https://www.instagram.com/giant_store_sakai/    

2022/05/27

【PA紹介】ドリンクボトル ~水分補給が大切な時期になってきましたね~

こんにちは堺店西田でございます。 日中30度に迫る暑さとなってきましたね。 この季節のサイクリングに欠かせないアイテムをご紹介いたします。 それは「ボトルケージ」と「ドリンクボトル」です。   「ドリンクボトル」は飲み物を入れるボトルのことで、「ボトルケージ」はそのボトル(入れ物)を保持する入れ物です。 それぞれさまざまな種類がございますのでいくつかご紹介させていただきます。 まず今回は「ドリンクボトル」POURFASTシリーズのご紹介です。   ■POURFAST DOUBLESPRING DRINKBOTTLE ↑ ・660㏄¥880(税込)・750㏄¥990(税込) 「DOUBLESPRING」シリーズは放水量が従来モデルの2倍となっていて、水分補給が楽になっています。 中身が透けるデザインなので残量が一目でわかります。   ■POURFAST EVERCOOL 650㏄ ↑ ¥1,320(税込) 「EVERCOOL」シリーズは入れ物が二重構造+保冷素材採用となっていますので、ドリンクがぬるくなりづらい特徴を持っています。 少しでも冷たい飲み物を楽しみたいときにはお勧めのボトルです。 ※2重構造の為大きさは750㏄と同じサイズですが、内容量は650㏄となります。 ■POURFAST CLEANSPRING DRINKBOTTLE ↑ ・660㏄¥1,100(税込)・750㏄¥1,210(税込) 「CLEANSPRING」シリーズは汚れや埃が内部に混入しづらい飲み口になっているシリーズです。 また飲料漏れバルブとなっているのも特徴です。 ■ARX DOUBLESPRING DRINKBOTTLE ↑ ・400㏄¥660(税込) こちらのARXボトルはキッズバイクなどの小さなフレームにも対応した400㏄サイズの小型ボトルです。 バイクパッキングでフレームが狭くなった大人用のバイクにもおすすめです。   そして全てのボトルに共通しているのは、 ●より柔らかく ボトル中央は柔らかく、ボトル端部は衝撃に強く硬質に仕上げられており少ない力で効率的に給水が可能となっています。 ●アンチバクテリアコーティング ボトル内側は抗菌処理がされているため、雑菌の繁殖を抑え、飲料の匂いや色移りを防ぎます。 ●食洗器対応 約90℃までの耐熱性を備えたポリプロピレン素材の為、食洗器での洗浄も可能です。   さていかがでしょうか。 水分補給といえばペットボトルでもいいじゃんって思われますが、ペットボトルは蓋を開け閉めするのが手間ですよね? ドリンクボトルだと飲み口を噛んで引き出し、ボトルを握れば飲料が出てきます。片手で水分補給が出来ますね。 それにペットボトルだと見た目がカッコよくない。せっかくのカッコいいバイクがもったいないですよ。   サイクリングではコンビニや自販機のない場所へ行くこともありますのでこの季節にはできれば2つボトルがあれば安心です。 この時期になると熱中症のリスクも高まります。15分に1口水分を取るだけでも全然違いますよ。 一つにはお水を、もう一つには電解質を含んだスポーツドリンクなどを入れて安全にサイクリングを楽しみましょう。   次回は「ボトルケージ」をご紹介いたします。 皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。 ―ジャイアント/リブストア堺ではFacebookやInstagramでも情報を発信しています― 普段ブログではお伝えしきれない、日常のサイクリングの記事であったり 走行イベントのご案内、新商品の入荷情報など 下記URLからジャイアント/リブストア堺のページに「いいね!」をお願いいたします。 FACEBOOK:https://www.facebook.com/giantstore.sakai/ Instagram:https://www.instagram.com/giant_store_sakai/

2022/05/22

【入荷情報】 CONTEND シリーズ

こんにちは堺店河端です。 エントリーオールラウンドロード「コンテンド」シリーズが入荷してまいりました。 ■ CONTEND 1 COLOR:ローズウッド ¥140,800(税込) オフセットシートステイのアルミフレームとD-FUSEシートポスト、フルカーボンフォークが不快な振動を軽減し、様々な路面状況に対応する幅広な28Cタイヤの安定性とともに快適走行を約束。フレームもSTI変速システムもケーブル内装式を採用。すっきりとしたクリーンなルックスと優れた操作性を実現。カラーはしっとりとした個性のある「ローズウッド」。     ■ CONTEND 2 COLOR:コールドアイアン ¥119,900(税込) 上体を起こした姿勢で握れて安心なサブブレーキレバーを採用。「CONTEND 2 MS」と共通の3色展開。     ■CONTEND AR 1 ブラック ¥286,000(税込) 高めのスタックハイトと38mm幅タイヤまで対応するフレームでオールロード(=AR)コンセプトを掲げる「コンテンドAR」シリーズ。 D-FUSEシートポスト、32Cチューブレスレディタイヤ、前後12mmスルーアクスル+フラットマウント、油圧ディスクブレーキを含む コンポーネントは信頼性に定評のある「シマノ 105」を採用。汎用性の高さでアドベンチャーサイクリングの世界を切り開く1台。   〇在庫状況〇 ・CONTEND AR 1 ブラック(XS) ・CONTEND 1 ローズウッド(M) ・CONTEND 2 コールドアイアン(XS) ・CONTEND 2 MS コールドアイアン(ML)   以上でございます。ご参考にしていただければ幸いです😀 試乗車もございますので、ご興味をお持ちの方は是非当店までお越しくださいませ。 お客様ご注文の車体も随時入荷し組立しておりますので、もう暫くお待ちくださいませ。 皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。   ―ジャイアント/リブストア堺ではFacebookやInstagramでも情報を発信しています― 普段ブログではお伝えしきれない、日常のサイクリングの記事であったり 走行イベントのご案内、新商品の入荷情報など 下記URLからジャイアント/リブストア堺のページに「いいね!」をお願いいたします。 FACEBOOK:https://www.facebook.com/giantstore.sakai/ Instagram:https://www.instagram.com/giant_store_sakai/

2022/05/16

5月🌞臨時休業のご案内

日頃よりジャイアント/リブストア堺をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 5月の臨時休業日について下記の通りご案内いたします。   ・5月30日(月)      臨時休業 ・5月31日(火)      定休日 ・6月1日(水)          通常営業   ご不便をおかけ致しますが、何卒ご了承下さいますようお願申し上げます。 その他、ご質問・ご不明点などございましたらお気軽にお申しつけください。 皆さまのご来店を心よりお待ちいたしております。 ------------------------------------------- ―ジャイアント/リブストア堺ではFacebookやInstagramでも情報を発信しています― 普段ブログではお伝えしきれない、日常のサイクリングの記事であったり 走行イベントのご案内、新商品の入荷情報など 下記URLからジャイアント/リブストア堺のページに「いいね!」をお願いいたします。 FACEBOOK:https://www.facebook.com/giantstore.sakai/ Instagram:https://www.instagram.com/giant_store_sakai/

2022/05/13

🌟5/13在庫状況

皆さんこんにちは堺店の名嘉でございます。 5/13現在の在庫状況です!(^^)!   🚴ロードバイク ・AVAIL 1  マットミルキーウェイ(XS) ・AVAIL 2  ルナロック(XS) ・CONTEND 2 MS  コールドアイアン(ML) ・CONTEND AR 1  ブラック(XS) ・LANGMA ADV 2 DISC QOM  ユニコーンホワイト(XS) ・LANGMA ADV 3 DISC QOM  レッド(XXS) ・PROPEL ADV 2 DISC  グレナデン(S)、(M) ・TCR ADV 2 DISC KOM ヘマタイト(XS)、(M) カーボン(XS) ・TCR ADV 2 KOM コールドアイアン(S) ・TCR ADV PRO 0 DISC ULTEGRA Di2  アンバーグロウ(XS)、(M) ・TCR ADV PRO 1 DISC RIVAL ETAP ブラックダイヤモンド(S) ・REVOLT 2 ブラックダイヤモンド(S) ・REVOLT ADV 2 スターリーナイト(S) 🌳マウンテンバイク ・FATHOM 2 マットコンクリート(M)※2021モデル ・TALON 2 サテンナイトシールド(M) ファントムグリーン(XS) ・ATX  ホワイト(S) ブラック(S) ・SNAP マットイエロー(XS) ⚡E-BIKE ・ESCAPE R E+ ホワイト(S) マットダークシルバー(M) ・ESCAPE R W E+ サテンブルーアッシュ(XXS) パールホワイト(XXS) ・ESCAPE RX E+ アイスグレイ(XS)※2021モデル ・FASTROAD E+ ブルー(S) 🏡クロスバイク&ミニベロ ・CROSTAR ブルー・レッド(S) ホワイト(S) ブラック(M) ・ESCAPE R、R Wシリーズ ※各モデルある程度在庫ございます。 ・ESCAPE R DISC  フォレストグリーン(XXS)、(S) マッドダークシルバー(M) ・ESCAPE R W DISC  フォレストグリーン(XXS)、(XS) ・ESCAPE R DROP  カッパー(S) ホワイト(S)、(M) マットブラック(S)、(M) ・ESCAPE RX 2 DISC サファイア(XS) アンバーグロウ(XS) マットブラック(M) ・ESCAPE RX 3 ホワイト(XS) マットブラック(XS)※2021モデル ・ESCAPE RX 3 ブルー(M) レッド(L) ・ESCAPE RX DISC ホワイト(XS)※2021モデル ・ESCAPE RX W サテンマゼンダ(XXS) マットブラック(XXS) ・ESCAPE RX W DISC ティールグレイ(XXS)※2021モデル ・GRAVIER サテンライム(S) ・GRAVIER サテンゴールド(XS) サテンレッド(XS)※2021モデル ・GRAVIER DISC サテンダークシルバー(S)、(M) ・GRAMME   マットグレイッシュオリーブ(XS) ・GRAMME サテンネイビー(XXS)※2021モデル ・GRAMME DISC  マットチャコール(XXS) ・AMICA サテンアイスブルー ・TEN ブラック、マットオリーブ 👦キッズバイク ・ANIMATOR 16  コンクリート ・ARX 20 グレナデン ・XTC JR 20 ブルーアッシュ※2021モデル ・ESCAPE JR 24 ブラック、ブルー ・PRE PUSH BIKE(2022) 各色 以上でございます。ご参考にしていただければ幸いです☻ ご不明な点等ございましたら、お気軽に店頭スタッフにお申し付けください。※お取り置きは当日のみでございます。 皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。 ―ジャイアント/リブストア堺ではFacebookやInstagramでも情報を発信しています― 普段ブログではお伝えしきれない、日常のサイクリングの記事であったり 走行イベントのご案内、新商品の入荷情報など 下記URLからジャイアント/リブストア堺のページに「いいね!」をお願いいたします。 FACEBOOK:https://www.facebook.com/giantstore.sakai/ Instagram:https://www.instagram.com/giant_store_sakai/