ジャイアントストア名古屋

»トップへ

ESCAPEシリーズのサイズ2009年8月7日

ジャイアントの自転車には乗り手に合せて一部のモデルを除き

さまざまなサイズがあります。

今回はクロスバイクの定番モデル「ESCAPE」のサイズの

合せ方のご紹介をさせていただきます。

ご購入時の参考になれば幸いです。

「ESCAPE」シリーズの中でも一番サイズの種類が豊富な

「ESCAPE R3」でサイズを見てみましょう!

「ESCAPE R3」のサイズは5種類あります。

・370mm(XXS) 適応身長150~160cm

・430mm(XS)   適応身長155~165cm

・465mm(S)    適応身長160~175cm

・500mm(M)   適応身長170~185cm

・555mm(L)   適応身長180~195cm

このように身長に合った自転車を選ばなければなりません。

「自転車って26インチとか27インチってサイズじゃないの?」

と思われる方もいらっしゃると思いますが、それは一般の自転車

のサイズ表記になります。

上記サイズ表記の後ろに適応身長を表記しましたが、

これは大体の目安になります。

例えば170cmの方ですと465mmでも500mmでも

適応していることになりますが、同じ身長の方でも身体の

サイズ(脚の長さや腕の長さなど)は個々に違ってきますので

自転車のサイズも若干変わってきます。

escape_fitting_001.JPG 
escape_fitting_002.JPG

画像左が465mm(S)サイズ 画像右が500mm(M)に乗車した

状態の画像です。

乗っているスタッフの身長は168cm・股下79cmです。

どちらのサイズも乗れていますが、右側の方が上半身の前傾が

大きくなっているのがわかりますか?

「ESCAPE」は街乗りからロングライドツーリングまで幅広く楽しめます。

しかし、街乗りで楽な乗車姿勢とロングライドで速く走れる乗車姿勢は

同じではありません。

乗り手の希望によってサイズ選びも変わっていきます。

一般の自転車のように比較的楽な姿勢で乗りたいのならば

画像左のようなサイズ選びになります。

スポーツサイクルの軽快さを求めるのであれば

画像右のようなサイズ選びになります。

 

ここまでは乗車時の姿勢でご紹介いたしましたが、

サドルからお尻を下ろした状態(自転車のサドルに座らずに跨った

状態)での地面への足の付き方も重要になってきます。

足をつま先からかかとまでぺったりと地面につけた状態で

跨げない状態でしたら1サイズ小さくしましょう。

参考までに、股下79cmで500mm(M)に跨るとぎりぎりでした。

 

escape_fitting_003.JPG

こちらの画像は身長180cmのスタッフが

500mm(M)サイズに跨った状態です。

かなり上半身が起き上がっています。

一般の自転車に乗っている感覚に近い状態ですね。

 

購入後にもいろいろなパーツのサイズを変更することで

ある程度の調整は可能ですが、最初のサイズ選びが重要です!

ご自身でどのように使いたい・走りたいのかを

しっかりとご検討いただきますと納得のいくサイズ選びができると思います。

サイズ選びでご不明な点はお気軽にご相談ください。

店頭では「ESCAPE」シリーズ各サイズ揃えてありますので

実際に跨っていただくこともできます。

ぜひご来店ください。