ジャイアントストア今治

»トップへ

【スタッフのランチタイム】Eバイクで行くサービスエリア飯2022年7月17日

こんにちは。今治店スタッフの川村です。

皆様、ランチタイムは如何お過ごしでしょうか。

職場近くに新しいお店がオープンしたり、

新メニューが始まったという情報を目にすると、

やっぱり行ってみたくなりますよね。

先日、「パクチー山盛りの麵メニューがある」

との情報を得たスタッフ川村。

晴れた日のお昼休み、さっそく行って参りました。

そのお店はこちら。

来島海峡サービスエリア(SA)

ここで「え?」と思われた方に豆知識。

SAやパーキングエリア(PA)といえば、

「クルマで高速道路を利用する方の休憩所」

というイメージが強いですが、

一般道から徒歩などで入場可能な施設も数多く、

こちらの来島海峡SAもそのうちの一つなんです。

さらに来島海峡SAでは、

地域の交流の場として、より多くの方に親しんで頂く為に、

一般道からの入場口が「コミュニティゲート」へリニューアル。

サイクリスト向けの「サイクルオアシス」も整備されました。

 

お店からは少し距離がありますので、

今回はこちらのEバイク

ESCAPE R E+に乗って出掛けてみましょう。

今治店を出発いたしまして、

駅前からしまなみ海道へ続くブルーライン、

サイクリングのメインルートを進みます。

この線路沿いの区間は平坦基調のため、

Eバイクの走りがちょっと物足りなく感じます。

国内で販売される電動アシスト自転車は、

法規上、24km/h未満でアシスト力がゼロになります。

具体的には15km/hあたりから24km/hまで、

加速するごとにアシスト力が弱くなっていきます。

その為、このアシスト上限速度を越えてしまうと、

そこそこある車量がズっっしりと効いてきます。

こういった場面ではノーマルのクロスバイクや、

ロードバイクの方が走りに爽快感があります。

 

スピードが乗りやすい平坦路では、

少し控えめにペダルをこぐ事が、

Eバイクに上手く乗る為のコツだったりします。

ロードバイクやクロスバイクに比べると、

ゆっくり、ゆったり走る方が合う車種ですね。

ESCAPE R E+は少し太めのタイヤを履き、

クッション性に優れたサドルを装備しているので、

路面からの衝撃はほとんど気になりません。

この点、前作ESCAPE RX E+に比較して、

乗り心地がとても快適になりました。

3kmほど進んだ地点。この交差点を直進します。

しまなみ海道メインルートはここを左折しますが、

直進ルートも最終的にメインルートに合流します。

この先はちょっとした丘越え区間。

モーターアシストで登り坂も楽々です。

これこそ、Eバイクの魅了ですね。

坂を下って来島海峡大橋の方へ。

ここの感応式信号機はなかなか優秀でして、

自転車や原付バイクにも反応してくれます。

海沿いを来島海峡大橋に向けて進みます。

この交差点を右折すると来島海峡大橋の入口方面。

今回の目的地、来島海峡SAは直進方向へ。

このルートではちょっと分かりにくいですが、

途中にあるこちらの看板が目印です。

なお、しまなみ海道のメインルートからですと、

こちらの交差点で曲がりますよ。

SAは少し高い丘の上にありますので、

ここからググっと坂道を登ります。

ここもEバイクで楽々。

これぐらい昼飯前といったところでしょうか。

サイクルオアシスの目印がありますね。

ここまで登ればあと少し。

コミュニティゲートに到着。

ここまでの走行時間は約14分。

今治店からの距離は下の入口まで約5km

コミュニティゲートの横には、

パークツール社製のサイクルラックが設置されています。

ESCAPE R E+にはキックスタンドが付いておりますので、

サイクルラックの横に駐輪します。

※ここから先、自転車の乗り入れは出来ません。

いつもクルマで立ち寄っているSAも、

ちょっと新鮮に感じるのが不思議です。

さっそくレストランに向かいまして、

券売機で食券を購入します。

こちらの券売機は自動オーダーシステム搭載。

食券購入後は番号が呼ばれるまで待つだけでOKです。

『松山どりの冷製麺石鎚パクチ』

名前からも盛り盛り感が伝わってきます。

そして。

「食券番号1137番でお待ちのお客様~」

やってきました、青々と生い茂るパクチー山。

盛り盛りパクチーは西日本最高峰の石鎚山を演出。

冷製麺と松山どり、輪切りレモンに角切りトマト、

しらすもトッピングされていています。

糖質、たんぱく質にビタミンやクエン酸も摂れて、

サイクリストにも嬉しいメニューだったりします。

ちなみに右奥に隠れておりますが、

こっそり、せんざんき(唐揚げ)も注文しております。

黙々とパクチーを食べ続ける予感がしていたので、

お口直しに一品追加ということで。

それではいただきます!

これはきっとパクチー好きにはたまらない筈。

なお、わたしは好きでも嫌いでもない中立派です。

食べても食べてもパクチー。

傍からみるとパクチーだけ食べている様に見えるかも?

ほのかなパクチーの香りとレモンの酸味が弾けて混ざる!

思っていたよりもパクチー感は強くなかったので、

今治店スタッフのパクチー好きに伺ったところ。

最近はパクチーの独特な香りを抑えて栽培された、

サラダパクチーなるものがあるのだそう。

(言うなれば牙を抜かれたパクチー)

おそらく、そちらのパクチーが使われているのかも?

ということでした。

夏にぴったり、とても爽やかな味付けで、

サイクリング中のランチにピッタリ。

朝活サイクリング後のモーニングにも良さそうですね。

ごちそうさまでした。

そういえば、一緒にこんなものを頂きました。

『SA・PA夏の麺バトル』

瀬戸内エリア対象SA・PAにて、

オリジナル麺メニューの王者決定戦を開催中。

なんと中間結果ではパクチーが3位!

他のメニューもなかなかインパクトがあって、

ぜひ食べてみたくなりました。

この夏の麺バトルメニュー。

しまなみ海道では来島海峡SAのほか、

◇瀬戸田PA(上り)

◇大浜PA(上り)

◇大浜PA(下り)

それぞれ対象メニューをラインナップ中です。

来島海峡SAの様なコミュニティゲートはございませんが、

瀬戸田、大浜PAも一般道から入場可能ですよ。

天気の良い日はいつもとちょっと違うランチへ。

スポーツバイクに乗って出かけてみませんか?

 

ジャイアントストア今治

―ジャイアント/リブストア今治ではFacebookInstagramでも情報を発信しています―
普段ブログではお伝えしきれない、日常の店舗風景や、
スタッフのRIDE LIFEなどもUPしていますので、ぜひご覧下さい♪