ジャイアントストア

ジャイアントストア今治

»トップへ

携帯用空気入れ、お持ちですか?2016年12月15日

サイクリング中のパンクトラブル、皆様はご経験ございますか?
パンクの原因はいろいろですが、新品のチューブに交換、もしくはパッチ修理を施したあとで必ず使用するものが
ミニポンプ、携帯用空気入れです。
普通の空気入れ(フロアーポンプ)に比べるととっても小さい空気入れ。
ほとんどのものは付属してくるポンプ台座を利用してバイクのボトルケージ台座に取り付け可能です。
ミニポンプは普段あまり出番がない、と言うより出番は少ない方がありがたいアイテムだったりします。
(ミニポンプはあくまでも応急用。出発前には必ずメーター付きフロアポンプで空気圧チェックをしましょう!)
そんな控え選手的なポジションにあるアイテムでも、
さまざまな種類があり、使用する方やライディングスタイルでも選ぶポイントが違うのです。

まずは初めてのミニポンプにオススメの2つ

CONTROL COMBO +

シリンダー(空気を押し出す部分)とバルブに差しこむ口がホースで離れているため
シリンダーと差し込み口が一体構造の従来式ミニポンプよりもバルブを痛める心配がなく、
さらにT字ハンドルとフットサポートを使用することで腕の力+体重を使ってポンピングして頂けます。
これにより他のポンプよりも確実に適正圧ちかくまで空気を補充することが可能になります。
(最大140psiまで対応)

 

さらに簡易式のエアゲージが付いていて空気圧を確認しながら作業が出来ます。
普通のミニポンプでは空気をちゃんと入れらるか不安だなぁという方にとってもオススメです。

 

もう一つはこちら。

CONTROL MINI ROAD+ & CONTROL MINI MTB+

見た目や大きさは従来式のミニポンプとあまりかわりませんが、
シリンダーと差し込み口がホースで分かれるタイプになっています。

スッキリとしたデザインで、フレームに搭載した時にも外観がスマートになります。


ROAD+とMTB+でシリンダー径が違います。


ROAD+は細いタイヤに高圧までポンピングがし易く、
MTB+は太くボリュームのあるタイヤに対して1ストロークで空気を沢山送り出せるようになっています。

 

すでに従来式のミニポンプを使われた経験があり、持ち運びのし易さを重視したい方にはこちら

CONTROL MINI PRO POCKET

シリンダーボディと差し込み口が一体のタイプでとにかく小さいタイプのこちら。
通常であればボディが小さいと空気を入れるのに沢山ポンピングしないと…と思いますよね?
ところがこのミニポンプ、
空気を押し出すシリンダーの容量は先にご紹介したCONTROL MINI ROAD+の80%もあるのです!
秘密は伸縮式シリンダー構造を採用したところにあります。

これにより、持ち運び時にはコンパクトにポンピング時には最大効率で機能してくれます。
ツールボトルやサドルバックにも収まる大きさが魅力です。

 

では実際に使ってみるとどうなの?という方に。
CONTROL MINI ROAD+は最大140psiまで対応となっておりますが、
もし100psi以上充填するには相当な腕力と気合が必要です。
おもに上腕筋と大胸筋に効いてきます。
スタッフ川村はロードバイクの700×25cに約3分間ひたすらポンピングして
80~90psiぐらいまで充填出来ました。
これを一日3セット行ったら完全に筋トレのレベルですね!

 

「楽しいサイクリング中にそんな辛いのいやだ!」
なんて方にはこんなアイテムも。

CONTROL BLASTシリーズ

 

このボンベにはCO2が充填されており、専用のヘッド(差しこみ部品)を通して使用すると
なんとビックリ数秒で走行可能な空気圧までロードバイクなどのタイヤにエアー充填が可能です。
これを使うと慣れた方であればものの3分程で再出発ができる優れもの。
ただし、これもあくまで応急処置用です。CO2ボンベ内の成分には窒素(N2)が含まれていない為
通常の空気入れで充填した時よりもエアー抜けが早い特徴があります。
あとは慣れないと失敗して空気中にCO2をばら撒いて終わるということも…
どんなアイテムも使うにはおさえておきたいポイントがあるものです。

いずれにしてもお一つお持ちいただく事をオススメしたいアイテムです。

 

ジャイアントストア今治


 

Copyright(c) Giant.Co.,Ltd. All Rights Reserved. Ginat